HAPPY PLUS
https://ourage.jp/otona_beauty/58656/

50歳からの若見え肌は「クリームチーク」でつくる!②「ふっくら&血色アップ」チーク

ミーナ

ミーナ

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

記事一覧を見る

50代の艶やか血色肌がかなう、クリームチークの効用をご紹介しています。パウダーのチークにはないしっとり感が、最近のミーナの肌にもよさそう。スポンジを使って、ていねいにのばせば、健康的で自然な仕上がりに。

 

 

ハリ&ツヤも、血色も、リフトアップも。

50歳からは「クリームチーク」だとうまくいく

 

 

肌がハリとツヤを失い、自信まで失いそうになるMyAge世代。そんな肌の救世主となるのが、なんとクリームチーク! 自身も50代、身をもってハリ&ツヤ肌を実践する西山舞さんに、クリームチークを使った若見えメイクテクニックを教わりました。

 

ここでは、「ハリ&ツヤアップ」「ふっくら&血色アップ」「引き締め&リフトアップ」のそれぞれのポイント別に、3回に分けてご紹介していきます。

 

今回は、生き生きとした「ふっくら&血色アップ」肌に見せるためのテクニックをご紹介します。

 

 

 

 

 

私が提言します!

西山 舞さん Mai Nishiyama

MyAge_007_P086-02_Web用

 

profile

ヘア&メイクアップアーティスト。

女性誌やWEBの美容指南が人気。

大人の女性を、おしゃれに生き生きと見せる

メイクテクニックを、わかりやすく解説。

著書に『美容脳』(晋遊舎)ほか

 

 

 

 

くすみを払拭し、まるでベビースキン。
もう「疲れている?」なんて言わせない!

ニット¥15,000/ストックマン(シネクァノン) ネックレス ¥25,000・ピアス¥13,000/クークロワッサン 銀座サロン(アンク)

ニット¥15,000/ストックマン(シネクァノン) ネックレス ¥25,000・ピアス¥13,000/クークロワッサン 銀座サロン(アンク)

 

 

使用するクリームチークはにごりのないピンク

 

[右・モデル使用色]セミマットな質感で、ふんわりとした桃頰に。ティント イン ジェラート PK02¥2,800/シュウ ウエムラ [中] 肌にすっと溶け込むジェルクリームタイプ。保湿力もあり、うるっとした頰に。マジョリカ マジョルカ クリーム・デ・チークPK312¥850/資生堂 [左]ベルベットのような上質なツヤ感。温泉から上がったような血色肌に。ベビードール キッス&ブラッシュ 3¥5,600/イヴ・サンローラン ボーテ

[右・モデル使用色]セミマットな質感で、ふんわりとした桃頰に。ティント イン ジェラート PK02¥2,800/シュウ ウエムラ [中] 肌にすっと溶け込むジェルクリームタイプ。保湿力もあり、うるっとした頰に。マジョリカ マジョルカ クリーム・デ・チークPK312¥850/資生堂 [左]ベルベットのような上質なツヤ感。温泉から上がったような血色肌に。ベビードール キッス&ブラッシュ 3¥5,600/イヴ・サンローラン ボーテ

 

 

 

 

50歳からのクリームチークHOW-TO

「ふっくら&血色アップ」チーク

 

フレッシュピンクでふっくらとした生き生き肌に!

 【向いているのはこんな人】

●頰が痩せぎみ

●顔色が悪く見られる
●リキッドファンデーションや、薄づきのパウダリーファンデーションを愛用

 

MyAge_007_P088-04_Web用

 

MyAge_007_P088-03_Web用

 

 

 

 

スポンジを使って、染めるように

 

スポンジを使うと頰を染めたように、内側からにじみ出るバラ色に。フレッシュなピンクも「若づくり」に見えることなく、自然な仕上がり。頰肉がそげて骨張った顔立ちに、優しい女性らしさが復活します。

 

 

まず手の甲に取ってから小ぶりなスポンジに移す

MyAge_007_P088-05_Web用

手の甲をパレット代わりにクリームチークを出し、それを小ぶりなスポンジに少しずつ取ります。西山さんが愛用しているのは、直径約3㎝のチャスティというコスメ用品のチークスポンジ。使い捨てのメイクスポンジでもOK。

 

 

 

ポンポンと軽くたたくように丸っこい楕円形にぼかす

MyAge_007_P088-06_Web用

小鼻と耳の上を結ぶライン上の、顔の中央寄りに馴染ませます。目頭の下までぼかし広げ、小鼻と耳たぶを結ぶラインからはみ出ないように。手の甲から少しずつ足しながら、ポンポンと染めるように馴染ませて。

 

 

 

 

 

次回は、肌の「引き締め&リフトアップ」チークテクニックのコツをご紹介します。

 

 

 

撮影/玉置順子(t.cube)〈人物〉 久々江 満〈物〉 ヘア&メイク/西山 舞 モデル/水越日麻 スタイリスト/日置 彩 取材・原文/小田ユイコ

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル