肺のよどんだ空気を吐き出す呼吸法/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「肺年齢を若返らせる!」です。前回に引き続き、「根来式肺活トレーニング」を伺いますよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。今回は肺の淀んだ空気を一掃する呼吸法をご紹介したいと思います。

 

 

いし よどんだ空気がたまってる肺って、いやですねぇ。

 

 

根来 呼吸が浅いと、吸った息をしっかり吐き出すことができず、肺の奥によどんだ空気がたまっていくんですよ。息を吐ききらないままさらに息を吸うことで、呼吸はどんどん浅くなっていきます。

 

 

いし へぇ〜。

 

 

根来 また、浅い呼吸が習慣化していると、食事中も頻繁に息を出し入れすることになり、誤嚥のリスクが高まります。

 

 

いし そうなんですか。ストレスが多いときとか、浅い呼吸になっていることってありますよね。

 

 

根来 はい。ストレスフルな現代人には呼吸が浅い人はとても多いんですよ。深い呼吸を身につけるためにおすすめしたいのが、「口すぼめ腹式呼吸」です。

 

 

いし 口をすぼめるのがいいんですか?

 

 

根来 そうです。口を薄く閉じて息を吐き出すことで、気道の圧力が高まり、細くなった気管支が広がり、肺の奥底から空気を吐き出せます。

 

 

いし ふむふむ。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第88回
肺のよどんだ空気を吐き出す呼吸法/Dr.根来の体内向上プロジェクト


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top