OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/184287/

「キャベツのカレー乳酸漬け」「半干し野菜のマリネ」/認知症を防ぐ「作りおき」レシピ(後編)

舘野真知子さん

舘野真知子さん

Machiko Tateno
料理研究家・管理栄養士。病院勤務後、アイルランドの料理学校留学などを経て、レストラン「六本木農園」初代グランシェフを務めた後、フリーで活動

40代からの食生活が認知症予防のカギを握るそうです。漬け込んでおくだけの作り置き簡単マリネで脳活を。

 

カレーの風味と程よい酸味が好相性

キャベツの

カレー乳酸漬け

ドイツのザワークラウトをカレー粉でアレンジ!
キャベツの食物繊維と発酵の乳酸菌で腸活を。

材料(作りやすい量)
キャベツ……600g
塩……大さじ1
カレー粉……小さじ2
水……150㎖

 

作り方

1キャベツはせん切りにする。ボウルにキャベツ、塩を加えて、しんなりして汁気が出るまでしっかりもむ。

2容器に①を汁ごと、カレー粉、水を入れビニール袋をかぶせて上面のキャベツに密着させ、重しをして水分がキャベツを覆うようにする。

3そのまま常温に3日間おき、酸味が出たら別の清潔な保存容器に移してふたをし、冷蔵庫で保存する。

 

脳活ポイント!▶︎ カレー粉のクルクミン

ターメリック(ウコン)の成分で、ポリフェノールの一種。脳の老廃物の沈着を防ぐ働きが。

季節の野菜でアレンジを楽しんで

半干し野菜のマリネ

酢には、血圧や血糖値の上昇を抑制する働きが。
半干しした野菜が漬け汁をしっかり吸います。

材料(2人分)
パプリカ(赤・黄)……各1個
きゅうり……1本
にんじん……½本
玉ねぎ……½個
エリンギ……1本

にんにく……1片
オリーブオイル……大さじ3
白ワインビネガー……大さじ3
塩……大さじ½
黒こしょう……少々
ローリエ……2枚

 

作り方

1パプリカはヘタと種を除き、乱切りにする。きゅうりは1㎝幅に斜めスライスにする。にんじんは短冊切り。玉ねぎはクシ形切り。エリンギは半分の長さに切って手で裂く。ザルに広げ1日干す。

2フライパンにオリーブオイルとつぶしたにんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったら野菜を加えて炒め、油が回ったら容器に。

3②に白ワインビネガー、塩、黒こしょう、ローリエを加えて馴染ませ、冷蔵庫で1時間以上冷やす。

 

 

脳活ポイント!▶︎ パプリカのβカロテン

赤パプリカに多く含まれる抗酸化物質は、油脂と一緒にとることで吸収率がアップ。

 

 

次回の脳が喜ぶ簡単レシピは、主食レシピをご紹介します。

 

撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子

MyAge2019夏号 購入アイコン

<前の記事

<前の記事
第21回/「鶏肉のヨーグルト味噌漬け」「鮭の麹ハーブ漬け」/認知症を防ぐ「作りおき」レシピ(前編)…

次の記事>

次の記事>
第23回/カルシウムが豊富な桜エビを使った「じゃこと桜エビの大豆ご飯」/認知症を防ぐ主食レシピ①…

この連載の最新記事

抗酸化作用のカテキンを含む抹茶を使った「抹茶寒天あんずシロップ」/認知症を防ぐ満足スイーツレシピ②

第26回/抗酸化作用のカテキンを含む抹茶を使った「抹茶寒天あんずシロップ」/認知症を防ぐ満足スイーツレシピ②

きなこやあずきなど、脳活食材で罪悪感なしの満足スイーツ/認知症を防ぐ満足スイーツレシピ①

第25回/きなこやあずきなど、脳活食材で罪悪感なしの満足スイーツ/認知症を防ぐ満足スイーツレシピ①

タンパク質やビタミン、ミネラル豊富なそばを使った「アボカド味噌あえそば」/認知症を防ぐ主食レシピ②

第24回/タンパク質やビタミン、ミネラル豊富なそばを使った「アボカド味噌あえそば」/認知症を防ぐ主食レシピ②

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル