OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/219701/

鍋ひとつでOK! 抗酸化しつつ満足感高し!「秋なすとしめじ、トマトのベジカレー」

山脇りこ

山脇りこ

料理家。週に6日は家で晩ごはんを食べる夫とふたり暮らし。50歳を過ぎてからは日々のごはんの7割が野菜に。旬の食材や、だし、調味料にこだわりつつ、忙しい人にも作りやすい家庭料理を伝えている。「3分クッキング」や「あさイチ」などのテレビや、雑誌でも活躍中。『明日から、料理上手』『野菜のたのしみ』『いとしの自家製』など、著書多数。台湾好きで台湾のガイド本『食べて、笑って、歩いて好きになる大人のごほうび台湾』もある。
代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰。教室情報はインスタグラムやFBで。instagram : yamawakiriko ブログ:rikoskitchen.com   FB:山脇りこ

 

秋茄子が美味しい季節。昔から夏茄子より、陽射しが柔らかい時期に育つ秋茄子のほうが甘みが強く皮が薄くてやわらかい、と言われています。が最近は、茄子の品種による違いはあるものの、季節による差はあまりない気がします。夏が暑すぎて長く、秋がない?からかもしれません。でも旬の野菜にはパワーがあります。上手に取り入れて元気の素に!

 

 

なすとしめじとトマトのベジカレー

 

なすは奈良時代から栽培されていたと言われ、たくさんの種類があります。関東でよく見るのが、千両なす。私が育った長崎では、その3倍くらいの長さの大長なすが主流です。大きいもの、長いものの方が柔らかく、焼きナスなどにするとふんわり、味わいも違います。

 

皮の紫紺色はナスニンというポリフェノールの一種で抗酸化力があります。

今回は、皮を半分残して、しっかり食べましょう。

茄子の切り方で、オールべジですが、食べ応えあるカレーになります。

 

材料 (2人分)

 

ミニトマト 8個 (中サイズのトマトなら2個)

植物油 小さじ2

塩ひとつまみ

なす(千両なすのサイズで) 2本

しめじ 1パック(200g)

白ワイン(または酒) 大さじ3

塩 小さじ1

カレー粉 小さじ2

 

 

 

作り方

 

1.トマトはへたをとって、半分に切る。鍋に植物油小さじ2をいれて、中火にかけ、トマトを入れる。塩をひとつまみふって、木べらで押すとぐじゅっと崩れるくらいまで、3、4分炒める。(上写真)

2.なすは皮を縞目にむいて、1センチ角に切る。しめじは2センチ長さに切る。

3.1に2を加えて、塩、白ワインを加え、蓋をして3分ほど煮る。ふたをあけて、カレー粉を加えて全体をまぜながら、なずがしんなりするまで炒める。

 

 

※甘みが欲しい場合は、ケチャップを足してください。

※クミンやガラムマサラなどあれば好みで加えてください。

 

 

※ごはんにかけ、青ゆずをそえています。

 

簡単美味しい一品で、おうちごはんをより楽しく!

今すぐチェック!

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第12回/ボウルひとつでOK! 刻んだ野菜でビタミン補給!!さらっと食べられる郷土の銘品、山形の「だし」アレンジ…

次の記事>

次の記事>
第14回/ボウルひとつでOK!抗酸化フードの代表「鮭のコンフィ」はつくり置き可能な最強おかず…

この連載の最新記事

フライパンひとつでOK! 美味しくておなかすっきり! さつまいもとりんごのガレット

第18回/フライパンひとつでOK! 美味しくておなかすっきり! さつまいもとりんごのガレット

ボウル1つでOK!簡単、アレンジ自在!!腸活の女王、きのこ2種のオイル煮

第17回/ボウル1つでOK!簡単、アレンジ自在!!腸活の女王、きのこ2種のオイル煮

ボウルひとつでOK! みんな悶絶! 秋のビタミン満載「柿キャロットラペ」

第16回/ボウルひとつでOK! みんな悶絶! 秋のビタミン満載「柿キャロットラペ」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル