HAPPY PLUS
https://ourage.jp/food/forties-recipes/217546/

ボウルひとつでOK! 刻んだ野菜でビタミン補給!!さらっと食べられる郷土の銘品、山形の「だし」アレンジ

山脇りこ

山脇りこ

料理家。週に6日は家で晩ごはんを食べる夫とふたり暮らし。50歳を過ぎてからは日々のごはんの7割が野菜に。旬の食材や、だし、調味料にこだわりつつ、忙しい人にも作りやすい家庭料理を伝えている。「3分クッキング」や「あさイチ」などのテレビや、雑誌でも活躍中。『明日から、料理上手』『野菜のたのしみ』『いとしの自家製』など、著書多数。台湾好きで台湾のガイド本『食べて、笑って、歩いて好きになる大人のごほうび台湾』もある。
代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰。教室情報はインスタグラムやFBで。instagram : yamawakiriko ブログ:rikoskitchen.com   FB:山脇りこ

 

 

 

 

 

 

夏野菜と薬味野菜を刻んでお醤油などで合わせる山形の「だし」。ご飯やお豆腐にかけて食べる郷土料理ですが、これをフルーツを使ってちょっとおしゃれに、モダンな洋風に仕上げるものと、たくわんを加えて、ほっこりする和風のもの、2種、ご紹介します。火を使わずにボウル一つでできます。

 

山形のだし フルーツ入りモダン洋風&たくわんと塩昆布入りほっこり和風

 

いずれも、ビタミンCたっぷり。お料理をした時、あえて少し野菜を残しておいて、作っておくと便利です。青じそはカロテン豊富で、抗酸化作用があったりします。刻む作業がちょっと大変だけど、無心になれて気分転換におすすめです。

 

★山形のだし、フルーツ入り洋風

 

甘味のある調味料の代わりにフルーツを入れることで、ほんのりした嫌味のない甘さと酸味が楽しめます。夏の終わりはフルーツも豊富なので、ぜひ。

 

 

材料 (作りやすい分量)

 

きゅうり1本

ミニトマト 5個

塩 小さじ1/2

青じそ 5枚

*なす1本

*プラム 1個

*マスカット 5粒

※フルーツはお好きなもの、あるもので。キウイや梨、イチジクなども合います。分量はかさ(体積)が同じくらいであればOKです。

 

醤油 大さじ1

米酢 大さじ1

 

作り方

1.きゅうりは両端をおとし、縦に6等分し、7ミリ幅の角切りにする。トマトもヘタをとり、同じくらいに切る。ボウルに入れて塩をふる。5分おいて、出てきた水気を切る。

2.*をすべて、7ミリ角に切る。青じそはあらいみじん切りにする。1のボウルに入れる。

3.2に、醤油と酢を入れてざっくり混ぜ合わせる。

 

 

※きゅうりとトマトに塩をして、余計な水分を出しておくと、味が決まりやすくなります。

またこの時期のトマトは水っぽいので、水気を出すと、旨みがつよくなります。

 

※紫蘇はミントやバジルにしてもおいしい。

※オクラやめかぶなど、ネバネバ系を加えてトロトロにしても。

 

★冷蔵庫で4日保存可能。

★冷奴やそうめん、オムレツや焼きナスのトッピングにはもちろん、カルパチョや焼き魚にそえても。バゲットにのせておつまみにも。

 

 

★山形のだし、たくあんと塩昆布入り和風

たくあんや塩昆布でうま味が加わり、ごはんがすすみます。たくあんは、柴漬けやすぐきの漬物にしても合います。ピーマンが名脇役に。意外にもレモンと相性がいいので試してみて下さい。

 

 

材料(作りやすい分量)

きゅうり 1本

塩 ふたつまみ

*ピーマン 1個

*みょうが 2本

*たくあん 50g

塩昆布 5g

レモン汁 大さじ1(半個分)

醤油 大さじ1/2

 

 

 

 

作り方

1.きゅうりは両端をおとし、縦に6等分し、7ミリ幅の角切りにする。ボウルに入れて塩をふる。5分おいて、出てきた水気を切る。

2.*をすべて7ミリ角に切る。塩昆布は長ければ1センチほどに切る。1にすべていれて、レモン汁と醤油をかけて、ざっくりまぜる。

 

 

※レモン汁が合いますが、酢に代えても。

 

★冷蔵庫で4日保存可能

★1と同様に使える。ごはんにまぜても、茶そばに合わせてもおいしい。

 

茶そばに、山形のだし和風。

 

簡単美味しい一品で、おうちごはんをより楽しく!

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第11回/ボウルひとつでOK! 夏バテの胃腸を元気に!「梅トマト納豆」

次の記事>

次の記事>
第13回/鍋ひとつでOK! 抗酸化しつつ満足感高し!「秋なすとしめじ、トマトのベジカレー」

この連載の最新記事

【鍋ひとつだけで完成レシピ】ピーマンと豚のポン酢煮!冷めてもおいしい、抗酸化作用、高血圧にも! 

第110回/【鍋ひとつだけで完成レシピ】ピーマンと豚のポン酢煮!冷めてもおいしい、抗酸化作用、高血圧にも! 

【ボウルひとつだけでつくるレシピ】タンパク質と食物繊維をとりながらダイエットにも!「もやしと鶏ひきのしっとり蒸し」

第109回/【ボウルひとつだけでつくるレシピ】タンパク質と食物繊維をとりながらダイエットにも!「もやしと鶏ひきのしっとり蒸し」

【ボウルひとつでOK!】筋肉とコレステロールをコントロール!かに玉ふわふわ豆腐レシピ

第108回/【ボウルひとつでOK!】筋肉とコレステロールをコントロール!かに玉ふわふわ豆腐レシピ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル