HAPPY PLUS
https://ourage.jp/food/forties-recipes/352114/

【フライパンだけでつくる】お腹すっきり、代謝を促す!「こっくり若竹煮」/ワンパンレシピ

山脇りこ

山脇りこ

料理家。週に6日は家で晩ごはんを食べる夫とふたり暮らし。50歳を過ぎてからは日々のごはんの7割が野菜に。旬の食材や、だし、調味料にこだわりつつ、忙しい人にも作りやすい家庭料理を伝えている。「3分クッキング」や「あさイチ」などのテレビや、雑誌でも活躍中。『50歳からのごきげんひとり旅』が重版を重ねて大ブレイク中! 他にも『明日から、料理上手』『野菜のたのしみ』『いとしの自家製』『疲れていてもこれならできそう、毎日食べたいかんたん3×3レシピ』など、著書多数。台湾好きで台湾のガイド本『食べて、笑って、歩いて好きになる大人のごほうび台湾』も。最新刊は「50歳からはじめる大人のレンジ料理」。
代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰。教室情報はインスタグラムやFBで。
instagram : @yamawakiriko・Blog:rikoskitchen.com・ FaceBook:山脇りこ

今回は、定番の若竹煮、たけのことわかめの煮物をご紹介します。

一番だしがきいた優しいバージョンもおいしいですが、こちらはフライパンでこっくりと甘辛の味をつけたごはんに合うおかず。

冷めてもおいしいのでお弁当にも。

 

フライパンでこっくり若竹煮

竹冠に旬で筍。たけのこシーズンがはじまりました。

1年中出回る野菜が増えていく中、たけのこは、「ああ、春ね、もうすぐ初夏ね」と感じさせてくれます。

今年はスタートが早めでしたが、これからGWくらいまで楽しめます。

 

 

たけのこには食物繊維が豊富。食べればわかりますよね。このほとんどが不溶性食物繊維です。水を含むと膨らみ、腸を刺激して便通をよくする働きがあると言われています。キャベツやレタスより多いそう。

また、ゆでたあとに白い小さな粒のようなものがついていることがありませんか?あれは、チロシンと言う栄養素で、体の成長・代謝を促すホルモンや、集中力を高めるホルモンをサポートとすると言われています。

 

生の皮つきのたけのこをゆでる時は、一番外側の皮を数枚むき、上部のアクが強い部分を落として、たっぷりの湯で。

アクをぬくために米ぬかをひとつかみ入れます。米ぬかがない場合は、米の最初のとぎ汁で代用できます。

 

1時間ほどゆっくりゆでて、そのまま冷まします。皮をむいて、常に全体がきれいな水につかった状態で保存してください。

わかめも春の楽しみ。みつけたら生のままでぜひ。地味だけどぐっとくる日本のおかずだと思います。

 

 

材料(作りやすい分量 2、3人分)

ゆでたたけのこ(正味):200g
鶏もも肉から揚げ用:8切れ(300g)
生わかめ:30g
植物油:小さじ2
酒:大さじ3
*みりん:大さじ2
*醤油:大さじ2
*砂糖:小さじ2

 

 

作り方

1 鶏もも肉は大きければ一口大に、ゆでたけのこも大きめの一口大に切る。フライパンに植物油を入れ鶏を入れて炒め、表面が白くなったら、たけのこを加える。

 

2 たけのこにも油がまわりつやっとしてきたら、酒を加えて蓋をして、3,4分煮る。

 

3 *を加えて、蓋をして火を弱め、さらに10分ほど煮る。

 

4 わかめを2,3cmに切り③に加え、煮汁をスプーンで回しかけながら、さらに2,3分煮詰める。火を止めて、粗熱が取れたら皿に盛る。

 

※熱々は味が染みていないので、粗熱が取れるまで冷ましましょう。

 

 

 

簡単美味しい一品で、おうちごはんをより楽しく!

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第103回/【ボウルひとつレシピ】めで鯛で疲労回復! 春の鯛ときゅうりのサラダ

次の記事>

次の記事>
第105回/【鍋ひとつレシピ】胃も腸もすっきり!春キャベツとトマトの豚汁

この連載の最新記事

【ボウルひとつ、レンチン1回だけ】ダイエッター、お酒好きにもいい!キャベツごま梅蒸し

第107回/【ボウルひとつ、レンチン1回だけ】ダイエッター、お酒好きにもいい!キャベツごま梅蒸し

【ボウルひとつだけ火いらずで作れる!】夏に向けて肌活&腸活に!トマトとピーマン、新じゃがいもの野菜カレー

第106回/【ボウルひとつだけ火いらずで作れる!】夏に向けて肌活&腸活に!トマトとピーマン、新じゃがいもの野菜カレー

【鍋ひとつレシピ】胃も腸もすっきり!春キャベツとトマトの豚汁

第105回/【鍋ひとつレシピ】胃も腸もすっきり!春キャベツとトマトの豚汁

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル