HAPPY PLUS
https://ourage.jp/food/forties-recipes/353329/

【鍋ひとつレシピ】胃も腸もすっきり!春キャベツとトマトの豚汁

山脇りこ

山脇りこ

料理家。週に6日は家で晩ごはんを食べる夫とふたり暮らし。50歳を過ぎてからは日々のごはんの7割が野菜に。旬の食材や、だし、調味料にこだわりつつ、忙しい人にも作りやすい家庭料理を伝えている。「3分クッキング」や「あさイチ」などのテレビや、雑誌でも活躍中。『50歳からのごきげんひとり旅』が重版を重ねて大ブレイク中! 他にも『明日から、料理上手』『野菜のたのしみ』『いとしの自家製』『疲れていてもこれならできそう、毎日食べたいかんたん3×3レシピ』など、著書多数。台湾好きで台湾のガイド本『食べて、笑って、歩いて好きになる大人のごほうび台湾』も。最新刊は「50歳からはじめる大人のレンジ料理」。
代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰。教室情報はインスタグラムやFBで。
instagram : @yamawakiriko・Blog:rikoskitchen.com・ FaceBook:山脇りこ

柔らかな春キャベツは生で。ザクザク千切りにしてサラダに。ビタミンCも効率よくとれます。 とはいえ、毎回千切りキャベツもねえ、という方に、今回は火が入りやすい春キャベツを活かした、豚汁をご紹介します。

 

春キャベツとトマトの豚汁

 

春キャベツが店頭に並んでいます。 秋に種をまき、春から初夏にかけて収穫されるから春キャベツ。巻きがゆるめで、葉が柔らかいのが特徴です。

 

このあと、夏に種をまき、冬に収穫されるものを一般的にキャベツと言っていて、ピタッと密着した巻きになり、煮崩れしにくいずっしり重いキャベツになります。

 

キャベツの緑の濃い外側の葉にはビタミンA、芯に近い白い葉にはビタミンCが多く含まれています。また食物繊維も豊富です。

さらに、キャベツに含まれるビタミンUは、キャベツから発見されたことから、別名キャベジンとも呼ばれている栄養素で、傷ついた胃の粘膜の修復をサポートしてくれると言われています。

 

まずは、グルタミン酸の多いトマトも加えた初夏っぽいさっぱりした豚汁です。

鍋にどんどん入れて火にかけるだけでできます。

 

材料(作りやすい分量 2、3人分)

春キャベツ:1/2 個

ミニトマト:8個

豚細切れ肉:100g

だし昆布:1枚(20g)

塩:ひとつまみ

酢:小さじ1

味噌:大さじ2

酒:大さじ2

水 :300ml

 

 

作り方

1 トマトはヘタを取る。(丸ごと使う)

 

2 豚肉は大きければ食べやすいひと口サイズに切り、塩と酢を揉みこむ。

 

3 鍋にキャベツを2~3cm目安にちぎっていれ、①と②とだし昆布も加える。

 

 

4 ③に酒と水を加え、蓋をして中火で12~3分煮る。トマトやキャベツからも水分が出ているので、全体をざっくりとまぜ、味噌を溶き入れる。

(味をみて足りなければ、味噌を足して好みの濃さに整えてください。)

 

 

簡単美味しい一品で、おうちごはんをより楽しく!

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第104回/【フライパンだけでつくる】お腹すっきり、代謝を促す!「こっくり若竹煮」/ワンパン…

次の記事>

次の記事>
第106回/【ボウルひとつだけ火いらずで作れる!】夏に向けて肌活&腸活に!トマトとピーマン、…

この連載の最新記事

【ボウルひとつ、レンチン1回だけ】ダイエッター、お酒好きにもいい!キャベツごま梅蒸し

第107回/【ボウルひとつ、レンチン1回だけ】ダイエッター、お酒好きにもいい!キャベツごま梅蒸し

【ボウルひとつだけ火いらずで作れる!】夏に向けて肌活&腸活に!トマトとピーマン、新じゃがいもの野菜カレー

第106回/【ボウルひとつだけ火いらずで作れる!】夏に向けて肌活&腸活に!トマトとピーマン、新じゃがいもの野菜カレー

【鍋ひとつレシピ】胃も腸もすっきり!春キャベツとトマトの豚汁

第105回/【鍋ひとつレシピ】胃も腸もすっきり!春キャベツとトマトの豚汁

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル