HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/334773/

「じゃがいもの冷製ポタージュ」腸のぜん動運動を促す朝スープレシピ

朝の快適なお通じのためには、腸のぜん道運動を促すレジスタントスターチやパントテン酸が役立ちます。じゃがいものレジスタントスターチと明太子のパントテン酸がとれるスープをご紹介。朝食にぜひどうぞ。

じゃがいものレジスタントスターチと明太子のパントテン酸が腸を活性化
じゃがいもの冷製ポタージュ

じゃがいもの冷製ポタージュ

●材料(2人分)

  • じゃがいも(メークインがおすすめ)……小2個(200g)
  • 玉ねぎ……1/2個
  • オリーブオイル……大さじ1/2
  • 塩……ひとつまみ
  • だし汁……500㎖
  • 明太子……適量
  • 青ねぎ(小口切り)……適量

 

●作り方

  1. 1. じゃがいも、玉ねぎは薄切りにする。
  2. 2. 鍋に①とオリーブオイル、塩を入れて弱火で5~6分蒸し煮にする。だし汁を加えて柔らかくなるまで弱火(フツフツするくらい)で10分煮る。火から下ろして冷ます。
  3. 3. 粗熱が取れたらミキサーに入れ、なめらかになるまで攪拌する。
    ※ジッパー付き保存袋に入れて冷凍可能。
  4. 4. 塩(分量外・適量)で味を調え冷蔵庫で冷やす。器によそい、明太子、青ねぎをのせる。

 

※レジスタントスターチとは、消化されずに大腸に届くデンプンのこと。特に冷やすと増え、腸のぜん動運動を刺激します。
※だし汁の一部、または全量を豆乳に置き換えてもおいしい。

 

パントテン酸の朝スープで腸の目覚めをサポート

●腸のぜん動運動を促すパントテン酸を意識!

パントテン酸はビタミンB群のひとつ。腸のぜん動運動を促して排泄をスムーズにする働きがあります。いろいろな食品に含まれており、腸内でも合成されるので、通常の食生活であれば欠乏することはあまりありません。ただし、カフェインやアルコールを多くとる人、加工食品に偏った食事が続くような人は不足しがち。注意が必要です。水溶性なので、スープにすると、水に溶け出たものもしっかり摂取できます。

 

パントテン酸が多い食品を上手に利用

パントテン酸は肉、魚、野菜ほか、いろいろな食品に含まれます。肉の場合は肝臓(レバー)に特に多く、穀物の場合は未精製のものに多く含まれます。

100g中に含まれるパントテン酸量

上の数値は100g中に含まれるパントテン酸量
参考:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

 

レシピを教えていただいたのは

大島菊枝
大島菊枝さん
フードコーディネーター
公式サイトを見る

東京農業大学卒業。管理栄養士専攻。研究職(大豆イソフラボン研究)に就いた後、飲食店勤務を経て独立。ヘルシーかつおしゃれなレシピが人気。著書に『朝ごはんはすごい 一生太らない食べ方習慣』(ワニブックス)ほか

 

 

撮影/神林 環 スタイリスト/洲脇佑美 料理/大島菊枝 監修/川本 徹 構成・原文/瀬戸由美子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第16回/「腸活もち麦ビビンバ」短鎖脂肪酸を育てる美腸レシピ

次の記事>

次の記事>
第18回/「サバ缶のもち麦リゾット」短鎖脂肪酸を育てる腸活レシピ

この連載の最新記事

「干ししいたけと豆腐、卵のスープ」腸のぜん動運動を促す朝スープレシピ

第21回/「干ししいたけと豆腐、卵のスープ」腸のぜん動運動を促す朝スープレシピ

「梅ごぼうオートミール粥」おいしく短鎖脂肪酸を育てる腸活レシピ

第20回/「梅ごぼうオートミール粥」おいしく短鎖脂肪酸を育てる腸活レシピ

「丸ごと玉ねぎのコンソメスープ」腸のぜん動運動を促す朝スープレシピ

第19回/「丸ごと玉ねぎのコンソメスープ」腸のぜん動運動を促す朝スープレシピ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル