「手作り」発酵食が大ブーム!④乳酸発酵漬物/キャベツと鶏肉の乳酸発酵漬けのポトフ

プロフィール写真

荻野恭子さん

40年以上にわたりロシアをはじめ各国の家庭料理を現地を訪れて 研究。『「乳酸発酵漬け」の作りおき』文化出版局)ほか著書多数

乳酸発酵と麹発酵。2大 テクを活用して、腸内美人 に

「簡単なのに本格派」の発酵食

添加物の心配がなく発酵食本来の健康パワーとおいしさを求める手作り派が急増中です。発酵食の代表、乳酸発酵漬物を使用したレシピをご紹介。

栄養満点! 心も体もぽかぽかに!
キャベツと鶏肉の乳酸発酵漬けのポトフ

材料を合わせて煮るだけ! 野菜と肉の旨味が凝縮した一品。

 

【材料(2人分) 】

鶏肉の乳酸発酵漬け……200g(レシピは下に)

キャベツの乳酸発酵漬け……200g(レシピは下に)

じゃがいも……2個

ローリエ……1枚

イタリアンパセリ……適量

A)

鶏肉の漬け汁……150㎖

キャベツの漬け汁150㎖

水……450㎖

 

【作り方】

  1. 鶏肉の乳酸発酵漬けは適当な大きさに切る。
  2. じゃがいもは皮をむいておく。
  3. 鍋にAを入れて沸かし、アクを取る。①の鶏肉とキャベツの乳酸発酵漬け、②のじゃがいも、ローリエを入れ、ふたをして弱火で30分蒸し煮にする。仕上げに刻んだイタリアンパセリを散 らす。
鶏肉の乳酸発酵漬け

【材料(作りやすい分量)】

鶏肉……400g

水……600㎖

自然塩……大さじ1~1½

 

【作り方】

  1. 分量の水に塩を加え、よく混ぜて塩を溶かす。
  2. 深めの保存容器に豚肉を入れ、①を加える。ふたをして冷蔵庫で2~3日漬ける。

※保存容器(この分量には容量1.5ℓ、深さ6㎝ 程度のものが適する)は、必ず熱湯消毒を。大 きいボウルに容器とふたを入れて熱湯を回しか ける。

※冷蔵庫で3~4日保存可能。

 

 

キャベツの乳酸発酵漬

キャベツの乳酸発酵漬け

【材料(作りやすい分量)】

キャベツ……300g

トマト……100g

にんじん……50g

玉ねぎ……50g

水……600㎖

自然塩……大さじ1~1½

 

【作り方】

  1. キャベツは幅2~3㎝のザク切りにする。トマトを角切りにし、にんじん、玉ねぎは薄切りにする。
  2. 分量の水に塩を加えよく混ぜて塩を溶かす。
  3. 保存瓶に①の野菜を入れ、②を上から注ぐ。
  4. ふたを軽くのせて(完全に閉めない)1~2日室温においた後、ふたを閉めて冷蔵庫に入れる。

 

 

 

撮影/鈴木正美 スタイリスト/駒井京子 料理/荻野恭子 構成・原文/瀬戸由美子

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第4回
「手作り」発酵食が大ブーム!④乳酸発酵漬物/キャベツと鶏肉の乳酸発酵漬けのポトフ


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top