SOS!こんな時、カラダどうすればいいの?

プロフィール写真

仙台市在住の漫画家・コラムニスト。震災復興、放射能、女性と子どもの病気、国際協力をテーマに作品を発表。近作に『オンナの病気をお話ししましょ。』『わたしたちの震災物語』『マンガでわかるコドモの医学』『ふくしまノート』『カホゴ夫の日常』
河北新報社にてイラストコラム「週刊きみどり」連載中

こんにちは。
漫画家の井上きみどりです。
今回から6回に渡り、
井上のOurAge世代的「からだ元気」について
書かせて頂くことになりました。
テーマは……

「入院した時」「災害に遭った時」
いざという時のことって
体験してみて初めてわかる事が多いものですよね。

 

現在、私はノンフィクション漫画家として
女性と子どもの医療、震災などについて取材漫画を描いています。
今まで医療者や専門家に取材させてもらった経験と
東日本大震災後の仙台の自宅での被災生活体験を元に

 

OurAge世代の女性が、ふと疑問に感じる
「こんな時どうすればいいの?」について
日本一ピンポイントに迫ってみたいと思います(笑)

 

第1回目は・・・
SOS!入院。その時メイクは?」

 

OurAge世代ともなると
いつ何があるかわかりません。
緊急入院を含めて、入院時の持ち物は考えておきたいですね。
入院した時、気になるのは
やはり顔。
当然、メイクはできないけれど
友人知人が見舞いに来るかもしれないし、
カッコいいドクターがいるかもしれません(笑)
ばっちりメイクで通院していた顔と
ノーメイクの顔が違い過ぎて
「あなた誰?」となるのは避けたい・・!
どうする???

 

井上が子宮摘出の手術で1週間入院した時は
この二つで何とかなりました。
それは・・・・・・・

 

アイブロウとマスク

(井上は金属アレルギーのため、金属フリーのアイブロウを使用しています)

 

ノーメイクでも、眉さえあれば
何とか「私」と判別してもらえる顔になるし、
マスクがあれば、顔のシミが隠せます。
マスクを枕元に置いておけば
急な来客、来ドクターにもパッと装着して対処できるでしょう。

更に気を遣い時、利き腕に点滴をしていない時は
ビューラーすれば、かなり「気を遣った顔」になります(笑)

 

このノーメイクごまかし対策は
震災後も役立ちました。
ライフラインが何日も止まって、
顔は洗えないし、メイクどころではない。
でも、いつでも避難できるようにしておかなければならない日が
何日も続き、
ご近所の同世代の奥さん達も
アイブロウ&マスク対処法でしのいでいました。

 

ノーメイクごまかし対策イラスト

 

いざという時、
ぜひ入院用品の中にアイブロウとマスクを
入れておいて下さいね。

 

井上さんイラスト

 

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント(10)

    入院経験者として重宝する道具としてはメガネがあります。アイメイクができないと本当に顔がぼけて見えてしまいます。室内で支障のない程度の色のついたレンズのものは目もとを隠してくれるので何かと便利です。アレルギーの時も目がぐしょぐしょでアイメイクができない時にも活躍してくれます。

    しのん - 2014年7月12日 22:53

    主人への気遣いありがとうございますm(__)m たいした事なく、一週間の入院でした。(本人は人生初めての一大事でしたが) 今思い出したのですが、前に年配の方のお見舞いに行った時、彼女はやっぱりマスクとアイブロウ、それとアイシャドウしてました。ん?と思って聞いたところ、色素沈着で瞼の上が黒くなり顔色が一層悪く見えてしまうと言うのです。人によっての身だしなみは色々ですね。きみどりさんも花粉症でお辛いでしょう。お大事にしてくださいm(__)m

    ruirui - 2014年3月15日 08:24

    >くまみひマムさん
    化粧品が肌に合わないのは辛いですね。。。
    私も合わないものばかりで
    今の化粧品に辿り着くまで苦労しましたから
    お気持ちがわかる気がします。。。
    化粧しない派の人でも
    それがその人らしい姿だったら
    私は素敵だなーと思います。
    コメントありがとうございます!

    きみどり - 2014年3月14日 19:15

    >momoさん
    私は花粉症で顔がカユカユになるこの時期、
    化粧できないので
    毎日このテクで乗り切っています(笑)
    ご主人のご体調はいかがですか?
    お大事になさってくださいね。
    コメントありがとうございます!

    きみどり - 2014年3月14日 19:07

    >りよたさん

    ニットキャップもアリですねー。
    がん患者会の代表をしている友人によると
    抗がん剤治療中の、がん患者さんは
    好みのナイトキャップを用意されるそうです。
    ご参考まで。
    コメントありがとうございます!

    きみどり - 2014年3月14日 19:04

    >Zさん
    入院する機会は無い方がよいですが・・
    万一の場合は、試してみて下さいね。
    コメントありがとうございます!

    きみどり - 2014年3月14日 19:01

    きちんとしている女性の人は偉いですね~。
    化粧品が合わず若いころにすでに女性としての身だしなみを捨ててしまったので考えた事がありませんでしたが、
    娘達がこれから入院って事があると思うので参考にします。

    くまみひマム - 2014年3月6日 23:13

    マスクは普段のノーメイク時にも役立ちます。が、アイブロウまでは気がつきませんでした。入院しているとお見舞いは嬉しいけど、すっぴんは見られたくないですよね。主人が先日入院した時はお見舞いお断りしました。何故か?って、シャンプー出来なくて髪が汚いから誰とも会いたくないって・・とっさの時のみだしなみ みなさんと同じ、なるほど~です

    ruirui - 2014年3月6日 08:42

    ほんと、なるほど~ですね。
    あと、おばあちゃん達がよく駅とかで「帽子かぶるとあったかくて、髪もごまかせる」と話しています。
    入院時にはちょっと…ですが、許される場所ならニットキャップも役立ちそう。

    りよた - 2014年3月6日 00:15

    なるほど~とためになりました。
    入院時、マスクと眉墨は絶対持っていきます

    z - 2014年3月5日 20:07
    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top