夏休みおすすめ親子旅(海外編) プーケットで二人ウェルネスとバンコクの旅 

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

夏休みおすすめ親子旅(海外編)

プーケットで二人ウェルネスとバンコクの旅

 

こんにちは小野アムスデン道子です。夏休みで帰省の娘とオトナの親子旅。海外編は、プーケットとバンコクと異なるタイを楽しむ旅です。

 

今回の夏休みは、大学入学前のご褒美旅的な意味合いもあって「タイに行きたい」&「リゾートも」という娘の希望をかなえるべく頭をひねりました。行き帰りはLCC(ローコストキャリア)で予算を抑えて、滞在はラグジュアリーにという作戦です。

 

まずは、羽田からドンムアン空港が発着となるスクートとノックスクートというLCCを乗り継いでプーケットへ。ドンムアン空港はLCC同士で国際線から国内線への乗り換えがスムーズ、さらにバンコク市内までがスワナプーム空港より近いので、バンコクでの滞在を有効に楽しめます。そして、食事なしでも席のゆとりなどはフルサービスのエアラインとそう変わらず、帰国便は夜中にバンコク発で寝て帰るので、OK。初日は夜にプーケットに着くので、エアラインをセーブした分、空港まで有料のお迎えをお願いしました。疲れて空港に着いても、何も考えずに車に乗込めばもう安心。

 

 

宿泊先の「バンヤン・ツリー・プーケット・スパ・サンクチュアリー」に到着したのは9時を回っていましたが、スタッフからジャスミンの花輪のお出迎えをしてもらい、すぐに部屋にチェックイン。550㎡のプールヴィラのリビングにはゆったりとしたソファ、テーブルにはリゾートでアレンジしたハーブティやナッツ・ドライフルーツ類、ウェルネスを考えてグリーンジュースが用意されていてホッとします。

 

バスルームは、ツインボールで2人がそれぞれに洗面を使え、室内にはシャワーを兼ねたスチームルーム、屋外にバスがあります。

 

10月に正式発表される新しいプログラム「サンクチュアリー・ウェルビーイング Sanctuary Wellbeing」を先取りで体験する取材も兼ねていたので、明日からはアクティビティにスパにと充実スケジュール。すぐにベッドへ向かいます。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第79回
夏休みおすすめ親子旅(海外編) プーケットで二人ウェルネスとバンコクの旅 


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top