HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/coldness/304324/

入浴医学の早坂信哉医師が導き出した、疲れが取れる「基本の入浴法」5カ条

入浴医学の第一人者である早坂信哉医師が長年の研究で導き出した、疲れが取れる「基本の入浴法」とは?

疲れが取れる基本の入浴法

疲れを取るための基本の入浴法は、この5つがポイント。血流がよくなって、自律神経が整うことで睡眠の質が高まり、疲労が効果的に回復します。

 

1. 温度は38〜40℃

お湯の温度は40℃がベスト。暑い時季は38℃まで下げてもOK。これはのぼせなどの不調を起こしにくい安全な温度。10〜15分でも十分に温まります。

 

2. 肩までつかる全身浴

肩までつかる全身浴がおすすめ。静水圧と浮力の作用で、体の隅々まで血液を送ることができます。最初にかけ湯で体をお湯に慣らしてから入ること。

 

3. つかる時間は10〜15分

入浴時間は10〜15分に。心身に大きな負担がかからず、しっかり体が温まります。汗が流れるほど長く入ると、入浴熱中症(のぼせ)になるのでNG。

 

4. 入浴剤で効果UP

血流促進作用がある硫酸ナトリウム配合の入浴剤や、炭酸入浴剤などを入れるとさらに疲労回復効果がアップ。香りによりリラックス効果も高まります。

 

5. 入浴後は温熱効果を逃さない

入浴後、扇風機などで涼むのは血流のよい状態がすぐ終わってしまうのでNG。素早く水分を拭き取り、体が冷めないうちに布団に入りましょう。

 

【教えていただいた方】

早坂信哉
早坂信哉さん
温泉療法専門医・医学博士
公式サイトを見る
Twitter Instagram

東京都市大学人間科学部学部長・教授。20年にわたり3万人以上の入浴を調査。お風呂や温泉の医学的研究の第一人者。著書に『おうち時間を快適に過ごす 入浴は究極の疲労回復術』(山と溪谷社)など

 

 

取材・原文/和田美穂

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/入浴医学の第一人者が教える、意外に知らない「入浴の7つの健康作用」…

次の記事>

次の記事>
第3回/胃酸過多やイライラ…入浴法を変えれば不調は改善できる…

この連載の最新記事

コロナ疲れ、ストレス解消に効く「マインドフロネス入浴法」とは

第5回/コロナ疲れ、ストレス解消に効く「マインドフロネス入浴法」とは

疲労回復、ダイエット、美肌に効果の高い入浴方法は?

第4回/疲労回復、ダイエット、美肌に効果の高い入浴方法は?

胃酸過多やイライラ…入浴法を変えれば不調は改善できる

第3回/胃酸過多やイライラ…入浴法を変えれば不調は改善できる

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル