OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/254321/

筋膜リリース、姿勢改善、糖質過多対策でぽっこりお腹を解消!<50代・朝子さんの実践具体例>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ②

なんとかしてお腹をへこませたいけど、筋トレや厳しい運動は無理です! と話すカルチャースクール講師の南雲朝子さん。2カ月間取り組んだエクササイズと、管理栄養士の麻生れいみさん指導のもとで改善した食生活をレポートします。

 

挑戦した方は

南雲朝子さん カルチャースクール講師

南雲朝子さん
Asako Nagumo

1970年生まれ。カルチャースクール講師。

身長 157㎝ 体重 48.5㎏ 体脂肪率 23%
カラーセラピーやアロマセラピーの講師を務めるほか、いくつかのパートもこなす多忙な日々

 

サポートしていただいたのは

中村雄一さん 理学療法士

中村雄一さん
Yuichi Nakamura

理学療法士。筋膜マニピュレーション認定スペシャリスト。動きの癖や姿勢から痛みを解消する専門家でもあり、便秘、冷え、生理痛など自律神経系の不調ケアも得意

 

半田 瞳さん 理学療法士

半田 瞳さん
Hitomi Handa

理学療法士。筋膜マニピュレーション認定スペシャリスト。骨盤底筋と尿失禁の研究を専門に行い、多くの論文を発表。独自に開発した骨盤底筋体操の有効性も科学的に証明

 

麻生れいみさん 管理栄養士

麻生れいみさん
Reimi Aso

1964年生まれ。管理栄養士、料理研究家。2021年春から東京医療保健大学大学院在籍。全国アスリート臨床栄養協会理事、日本健康食栄協会代表

 

ホームページはコチラから

 

<筋膜リリース・姿勢改善・呼吸&骨盤底筋エクササイズ>
少しの時間を作るだけ。日常の中でコツコツ工夫

当初から「筋トレや厳しい運動はダメです、無理です!」と断言していた南雲朝子さんにとって、指導されたメソッドはうれしい肩透かし。

 

筋膜ほぐし、呼吸、骨盤底筋エクササイズは夜寝る前に。

 

「いちばん頑張ったと思うのは姿勢の意識。骨盤が前傾し、反り腰だということ、それも自分が招いていると知り、納得して取り組めました」

 

骨盤底筋を正しく使う感覚はなかなか覚えられず苦戦!

2カ月間のうち、何度か「トリガー」の二人が課題をチェック。骨盤底筋を正しく使う感覚はなかなか覚えられず苦戦! 座っているときも自然に使えるように、具体的なアドバイスが。

 

デスクワークをしながら内転筋筋トレ

壁立ちでいい姿勢を覚え込むトレーニング

一日の中では、立ち仕事もデスクワークもありますが、どんなときもいい姿勢を思い出しながら。「運動と違って、いつでもどこでもできるのが私に向いていてよかった♡」

 

筋膜ほぐしトレーニング

骨盤底筋を正しく使うトレーニング

疲れて帰宅してもなんとか課題に取り組んだ南雲朝子さん。時には、寝転んでやるエクササイズはそのまま寝落ちしてしまったことも…。

 

 

<内臓脂肪を減らし、便秘を解消する食生活へ>
糖質は控えめにタンパク質と野菜を意識

「ぽっこりお腹」凹ませ<理論編①>「ぽっこりお腹」凹ませ<理論編②>で詳しく解説したとおり、閉経前後からは、皮下脂肪よりも内臓脂肪がたまりやすくなるもの。内臓脂肪が増える原因は、とにもかくにも糖質のとりすぎです。

 

以前の食事を報告してもらうと、南雲さんは紛れもない糖質過多。管理栄養士の麻生れいみさんが驚くほど、糖質以外の栄養素がとれていませんでした。もはや健康が心配なレベル!?

 

内臓脂肪を増やす一方!
糖質の多かった以前の食事

以前の食事

こちらがある一日に食べたもの。パン類とコーヒーだけで野菜のないランチ、キムチチャーハンだけで炭水化物中心の夕食、深夜にケーキなど、問題大ありでした。普段から甘いものも多め。

 

やればできる!
2カ月で劇的に改善した食事

改善した食事

食べようと思えばたくさん食べられるタイプの南雲朝子さん。何はなくてもタンパク質増量、野菜&きのこたっぷり…を意識した結果、食事はみるみる充実。

 

朝食も野菜中心に作るようになり、肉と野菜のバランスのとれたランチ、実は大好きな牧草牛のステーキ、意外に便利なプロテインも取り入れてタンパク質対策を。

 

麻生れいみさんの評価

「食事は1日3回食べること。生きるうえで必須のタンパク質と、便秘解消のために野菜をしっかり!」が、管理栄養士・麻生れいみさんからのミッションです。

 

内臓脂肪を減らすためだけでなく、空腹時のスイーツやいきなり炭水化物は血糖値スパイクを起こし、動脈硬化も心配でした。

 

「朝からしっかり栄養をとることで、むやみに甘いものを欲しなくなってきましたね。野菜やきのこをとって、便秘が徐々に改善してきたのもねらい通り。

 

プロテインを飲んでくれたのもよかった! この食生活、今後も続けてくださいね。内臓脂肪がもっと減って、お腹が出ない体質に近づけるはずです」

 

次回は、朝子さんの衝撃的なビフォーアフターをお見せします。

撮影/藤澤由加 構成・原文/蓮見則子

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第18回/やせているのに、お腹だけ出ているのはなぜ?<50代・朝子さんのぽっこり原因を探る!>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ①…

次の記事>

次の記事>
第20回/お腹だけがみごとにすっきり!<50代・朝子さんのビフォーアフター>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ③…

この連載の最新記事

筋膜メソッドと食改善で体脂肪6%減、へそまわりは14cmも減!<50代・A子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑦

第24回/筋膜メソッドと食改善で体脂肪6%減、へそまわりは14cmも減!<50代・A子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑦

腹横筋と食生活改善でへそまわりが-10cmに!<60代・Y子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑥

第23回/腹横筋と食生活改善でへそまわりが-10cmに!<60代・Y子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑥

呼吸筋が使えるときれいにやせる、まさにお手本!<40代・O子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑤

第22回/呼吸筋が使えるときれいにやせる、まさにお手本!<40代・O子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑤

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル