HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/268297/

筋膜リリースに必要なフォームローラーの基本動作「当てたまま動かす」【動画あり】

フォームローラーを使ったローリングやキープに加え、痛むエリアに圧をかけたまま動きをプラスするテクニックを、トレーナーの酒井大輔さんに教えてもらいます。

 

フォームローラー基本動作

まず、何を置いても覚えたいのがフォームローラーの使い方。転がすだけと思ったら大間違い。痛みを取る目的なら、この基本動作を守って。コツをつかめば応用自在です。

 

ずらしたり揺らしたり
当てたまま動かす

ローリングやキープに加え、ほぐし効果をより得られる方法も覚えておきましょう。ローリングで特に痛みを感じたエリアにじわっと圧をかけたまま、なんらかの動きをプラスするテクニック。痛い場所や痛みの程度に合わせて使い分けたり、組み合わせたりできるようになると、さらに効き目UP!

●関節を動かす

関節を動かす

クロップタンク¥7,500・パンツ¥14,200/ルルレモン ヨガマット¥7,480/アイロックス(Manduka)

 

1カ所に圧をかけている間に近くの関節を動かして、より深くほぐす方法。ローラーに太ももを当てながら膝関節を動かす、脇の下を当てながら肩関節を動かす、などが代表的

 

 

●横に揺らす

横に揺らす

圧をかけたまま、ローラーの面に沿ってゆっくり体を揺らす方法。背中や脚など広い面積に、多方向からじんわり圧をかけられるのがメリット

 

●ズリ圧をかける

ズリ圧をかける

なかなかほぐれない場所には、圧をかけたままこすってずらす動き「ズリ圧」をプラス。ここでは臀部ですが、どんな場所にも応用可能です

 

 

 

※下のリンクから基本の動きの記事を見ることができます

 

■ローリングやキープの方法はコチラから

 

 

教えていただいたのは

酒井大輔さん 全米アスレティックトレーナー協会公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)

酒井大輔さん
Daisuke Sakai

1974年生まれ。全米アスレティックトレーナー協会公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)。数々のスポーツチームのサポート、10年間の船橋整形外科病院勤務を経て、現在は地域密着型のコンディショニングスタジオ「船橋オルトベース」主宰。イオンスポーツクラブのスタッフ育成などにも従事。

ホームページはコチラから

 

 

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/三浦真淑 モデル/SOGYON スタイリスト/鈴木由里香 監修/酒井大輔(船橋オルトベース) 構成・原文/蓮見則子

 

 

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第10回/筋膜リリースで重要なフォームローラーの基本動作「ローリング」「キープ」【動画あり】…

次の記事>

次の記事>
第12回/ボールや手指を使うだけでも筋膜リリースはできます…

この連載の最新記事

足の裏と腸腰筋をボールでほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善③>【動画あり】

第28回/足の裏と腸腰筋をボールでほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善③>【動画あり】

ボールでふくらはぎをほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善②>【動画あり】

第27回/ボールでふくらはぎをほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善②>【動画あり】

膝と股関節痛は同じ筋膜リリースで改善できる。まずは太ももほぐしを<膝・股関節の痛みを改善①>【動画あり】

第26回/膝と股関節痛は同じ筋膜リリースで改善できる。まずは太ももほぐしを<膝・股関節の痛みを改善①>【動画あり】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル