HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/268429/

フォームローラーで首まわりをほぐす<肩こり・首こりを筋膜リリースで改善①>【動画あり】

フォームローラーを使った首まわりの筋膜リリース法を、トレーナーの酒井大輔さんに教えてもらいます。

 

ピンポイントではなく広範囲にほぐすのが秘訣

首から肩まわりは小さな筋肉が集まっているため、血流が悪くなりがち。それなのに約5㎏もの頭を支え続けています。姿勢が悪いだけでも首や肩には負担がかかり、放っておくと今度は筋肉ではなく筋膜が頑張りすぎて、癒着を起こす。これが痛みの原因です。

 

首〜背中までの筋膜リリースで改善されなかった場合は、さらに範囲を広く、全身のリリースをおすすめ。ただし、急な痛みや夜間痛がある人、首まわりに疾患のある人は、慎重に。(酒井大輔さん)

 

フォームローラーで首まわりをほぐす

最初に、フォームローラーを使って、あお向けで首のまわりをリリース。このとき、首や肩に力が入っているとなかなかほぐれません。リラックスした状態で、ローラーに体を預けるような気持ちで行いましょう。

●ほぐしエリア

首まわりのほぐしエリア

頭蓋骨の付け根から肩の高さまでがターゲット。耳下から伸びる太い筋肉「胸鎖乳突筋」はほぐしても、すぐ前には頸動脈が走っているので、耳から前は避けるのが無難

 

●首をゆっくり左右に4往復

首をゆっくり左右に4往復

スポーツブラ¥7,900・レギンス¥10,900/KIT(ONZIE) ヨガマット¥7,480/アイロックス(Manduka)

 

ローラーに首を乗せ、押しつけて圧をかけながら、じわーっと顔を横へ向けていきます。耳がローラーにぶつかる位置まで、3〜5秒かけてゆっくり動かすのがポイント。ゆっくり戻り、反対側へ。これを4往復

 

 

●首の後ろをゆっくりと4往復動かす

首の後ろをゆっくりと4往復動かす

首の後ろをローリングの要領でほぐします。ここでも首の筋肉を押しつけながらごくゆっくりと。くぼんだ短いエリアなので、体を少し上下に動かしてローラーを転がすのがコツ。

 

 

 

 

※下のリンクから基本の動きの記事を見ることができます

 

■ローリングやキープの方法はコチラから

 

 

教えていただいたのは

酒井大輔さん 全米アスレティックトレーナー協会公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)

酒井大輔さん
Daisuke Sakai

1974年生まれ。全米アスレティックトレーナー協会公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)。数々のスポーツチームのサポート、10年間の船橋整形外科病院勤務を経て、現在は地域密着型のコンディショニングスタジオ「船橋オルトベース」主宰。イオンスポーツクラブのスタッフ育成などにも従事。

ホームページはコチラから

 

 

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/三浦真淑 モデル/SOGYON スタイリスト/鈴木由里香 監修/酒井大輔(船橋オルトベース) 構成・原文/蓮見則子

 

 

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第12回/ボールや手指を使うだけでも筋膜リリースはできます…

次の記事>

次の記事>
第14回/肩甲骨から背中をフォームローラーでほぐす<肩こり・首こりを筋膜リリースで改善②>【動画あり】…

この連載の最新記事

足の裏と腸腰筋をボールでほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善③>【動画あり】

第28回/足の裏と腸腰筋をボールでほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善③>【動画あり】

ボールでふくらはぎをほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善②>【動画あり】

第27回/ボールでふくらはぎをほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善②>【動画あり】

膝と股関節痛は同じ筋膜リリースで改善できる。まずは太ももほぐしを<膝・股関節の痛みを改善①>【動画あり】

第26回/膝と股関節痛は同じ筋膜リリースで改善できる。まずは太ももほぐしを<膝・股関節の痛みを改善①>【動画あり】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル