HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/259203/

あなたは大丈夫?「足のトラブル」チェックリスト

ケガをした覚えがないのに足が痛んだり、靴裏の減り方が左右対称になっていなかったり…。日常生活に潜む足のトラブルの危険性を、チェックリストで確認してみて!

 

お話を伺ったのは

桑原 靖さん 「足のクリニック 表参道」院長

桑原 靖さん Yasushi Kuwahara

「足のクリニック 表参道」院長。2013年に日本初の足専門クリニックを開設。海外の足病医学に基づいて、形成外科、整形外科、皮膚科、リウマチ科など各分野の専門医によるチーム医療で足の総合診療を実践。

 

こんな経験があったら足トラブルを疑って!

足の老化は少しずつ進み、普段のちょっとしたことに現れます。下のチェックリストにひとつでも当てはまったら、「足トラブル」が潜んでいる可能性が。

 

  • 靴の裏が左右非対称に減っている
  • 大股でゆっくり歩くことができない
  • ぺたんこ靴よりハイヒールのほうがラク
  • 夜寝ている間にふくらはぎがつることがある
  • 足の裏や指にタコやウオノメがある
  • 家族や親戚に足のトラブルで悩んでいる人がいる
  • ズボンのすそ上げをすると左右で長さが違う
  • 最近、足のサイズが大きくなった
  • 立ったまま靴下をうまくはけない
  • ケガをした覚えがないのに、膝や足が痛む

 

足のトラブルイラスト

 

 

足トラブルは靴裏に現れます。減り方をチェック!

自分の足の弱点を知るには、靴の裏をチェック。かかとのやや外側が減っている人(下イラスト①)は正常です。

 

内側が極端に減っている人(下イラスト②)はかかとの骨が内側に、外側が極端に減っている場合(下イラスト③)は外側に傾いています。

 

中心が減っている人(下イラスト④)はアキレス腱が硬い状態で柔軟性がなく、つま先重心で歩いています。

 

左右非対称に減っている人(下イラスト⑤)は足アーチの崩れ方に左右差があるか、体の歪みか脚そのものの長さが違う可能性があり、特にトラブルを招きやすい足です。

足トラブルは靴裏に現れます。減り方をチェック!

 

 

イラスト/内藤しなこ 取材・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/40代は足の曲がり角。コロナ禍でトラブルが急増する原因は?…

次の記事>

次の記事>
第3回/【一生元気に歩こう! 】ふたつある「足アーチ」のそれぞれの重要性ご存知ですか?…

この連載の最新記事

足に優しいインソールと靴の選び方!/足アーチを取り戻す4つの方法④

第14回/足に優しいインソールと靴の選び方!/足アーチを取り戻す4つの方法④

足アーチを鍛える「地面をとらえる歩き方」とは?/足アーチを取り戻す4つの方法③

第13回/足アーチを鍛える「地面をとらえる歩き方」とは?/足アーチを取り戻す4つの方法③

足アーチに重要な2か所、「ふくらはぎと足裏の筋肉」を鍛えよう/足アーチを取り戻す4つの方法②

第12回/足アーチに重要な2か所、「ふくらはぎと足裏の筋肉」を鍛えよう/足アーチを取り戻す4つの方法②

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル