HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/287552/

四十肩・五十肩って繰り返すの?/肩の不調Q&A

一度発症した「四十肩・五十肩」は、治療したとしても再発してしまうのでしょうか? 整形外科医で肩肘専門医の菅谷啓之先生がお答えします。

 

Q 四十肩・五十肩は繰り返すのでしょうか?

繰り返さない予防が大事。

「同じ肩を繰り返す人、右肩が治癒したら左肩が…という人もいます。四十肩・五十肩の発症は、運動不足などで、体が硬くなっていることが大きく関係しています。

 

再発を防ぐには、治癒したあともストレッチやエクササイズなどで、体の柔軟性を保つことが大切です」

四十肩・五十肩って繰り返すの?/肩の不調Q&A

Q 四十肩・五十肩は更年期症状のひとつですか?

更年期とは関係ありません

更年期症状のなかに“肩こり・肩の痛み”といった項目をよく見ます。

 

「ひどい肩こりに悩まされることがあるようですが、四十肩・五十肩は男性にもあるように、女性ホルモンが低下する時期と、四十肩・五十肩の発症年齢が重なっているだけで、直接は関係ないと思われます。

 

ちなみにほかの病気との関連は、糖尿病の人は四十肩・五十肩になりやすいことが指摘されています」

Q そもそも四十肩・五十肩って病気なの?

正式名は肩関節周囲炎という病気です。

「四十肩・五十肩の正式名称は『肩関節周囲炎』。加齢により、肩関節内の関節包(関節を囲んでいる膜)や腱板(肩関節を安定させている4つの腱)が劣化し、肩関節だけに負担がかかる動作や血液循環の悪化などで、肩関節内に炎症が起きた状態です。

 

強い痛みとともに、肩の可動域が制限されます。これとよく似た疾病に『腱板断裂』があります。これは腱板が切れてしまった状態。こちらは放っておいて治癒することがないので、四十肩・五十肩と識別して適切な治療をすることが重要です」

 

※40代から多い肩の病気の記事は、コチラから読む事ができます。

 

 

答えていただいたのは

菅谷啓之さん 東京スポーツ&整形外科クリニック院長

菅谷啓之さん
Hiroyuki Sugaya

東京スポーツ&整形外科クリニック院長。整形外科医、肩肘専門医。米国ハワイ大学医学部客員教授、東京女子医科大学整形外科客員教授

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

PR
<前の記事

<前の記事
第2回/四十肩と五十肩の違いって?/肩の不調Q&A…

次の記事>

次の記事>
第4回/あなたの肩の痛みは四十肩・五十肩?判断チェックリスト5/肩の不調Q&A…

この連載の最新記事

四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>

第13回/四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>

四十肩・五十肩の初期痛みがやわらいだら始めたい胸と骨盤のストレッチ<拘縮期の対処法>

第12回/四十肩・五十肩の初期痛みがやわらいだら始めたい胸と骨盤のストレッチ<拘縮期の対処法>

四十肩・五十肩による就寝時の痛みには抱き枕が有効<拘縮期の対処法>

第11回/四十肩・五十肩による就寝時の痛みには抱き枕が有効<拘縮期の対処法>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル