OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/sleep/233224/

冬の寝床に湯たんぽが良い理由、効果的な使い方は?

ヨシダヨウコ

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ代表。
快眠コンシェルジュ。日本睡眠学会正会員。

寝具店の娘として生まれ、心地よい睡眠を幼児期より体験するが、社会人になりたての頃、働きすぎで体調を崩す。また、実母の介護生活からも睡眠の重要性を再認識する。
漢方、発酵食、アロマ、呼吸、瞑想、ストレッチなどを取り入れ、日々「質の良い睡眠」を探求しながら、各方面へ発信中。代表を務めるネムリノチカラでは、企業の健康経営セミナーや個人の睡眠相談に応じるなど、睡眠全般についてのサポートを行っている。著書に『眠りのチカラ タイプ別睡眠改善&リッチ睡眠TIPS 101』(みらいパブリッシング)がある。

記事一覧を見る

こんにちは。眠りの力があなたを変えるネムリノチカラ代表、快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

 

これからまだまだ寒さが厳しくなりますが、寝具の真冬装備は万全ですか?

 

気になるのが寝床に入った時のあの「ヒヤッ」とした感じです。特に冷え性の方はもっと敏感に、足先の冷たさを感じているかもしれません。

ヒヤッとすることで眠気モードが寸断されて、一気に覚醒モードに切り替わる可能性もありますから、できるだけ冬場は寝床内の温度を上げておくことが必要になります。

 

この場合の「ヒヤッと対処法」は3つ

 

1.シーツを厚手のものに変える

2.布団乾燥機で温めておく

3.アンカ(湯たんぽ)を置く

 

さらに言えば、根本的な冷え性も改善しておくと、もっと楽になると思います。

 

すぐにでも切り替える方法としては、シーツを保温性の高いものに変え、寝床自体を温めるのが良いと思います。

 

寝床の最適な温度は、34~35℃といわれています。体温より少し低い程度です。

 

冬は上掛けより、下側つまり床面側のシーツや敷き布団に気を配ってください。ボア、さらにはムートンなどの暖かい素材や、遠赤外線などの機能があるもので、また冬でも汗をかくことを考え、吸湿性のあるものにしましょう。寝る前にヒヤッとしない程度にしておくと、寝つきが格段に変わります。

湯たんぽ イメージ写真

対処法の中でも特に湯たんぽが良いのは、自然に温度が下がること。

電気タイプのアンカなどもありますが、眠りが深くなるにつれ自律神経の活動も鈍るので、温度が一定に保たれると余計に汗をかいたり、肌の乾燥を促すことがあります。また、寝床全体を温める電気毛布などとは異なり、湯たんぽの場合は、暑くなれば自分で無意識のうちにカラダから遠ざけていくはずです。

 

湯たんぽを寝床で使用する時は、手足の温めも必要ですが、お腹を温めるのがオススメです。お腹には複数の臓器があり、多くの血液を温めることができるため、効率よく血液が循環して末端まで暖かくなってきます。

湯たんぽをお腹の上に乗せて眠る姿を“ラッコ寝”と名付けて、流行らせたいぐらいです。

 

空気が乾燥するタイプの暖房が苦手な人は、日中でも湯たんぽをお腹に抱えて座ってみてはいかがでしょう? 特に女性でお腹や腰が冷える人、月経やPMSが辛い人には効果的です。

 

中に入れたお湯は、朝ほんのりまだ暖かく、冷たい水で手や顔を洗うと血圧の急上昇を招くこともありますから、再利用もできますね。

 

冬はぬくぬくして、ぐっすりおやすみください。

 

では、今宵も良い眠りを。

 

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ

https://nemurinochikara.com/

 

 

 

<前の記事

<前の記事
第50回/○○したまま寝てはいけない、冬の睡眠NG5…

次の記事>

次の記事>
第52回/眠る前でもOK? Clubhouse(クラブハウス)は夜向きSNSかも…

この連載の最新記事

寝室の色、考えてますか?

第53回/寝室の色、考えてますか?

眠る前でもOK? Clubhouse(クラブハウス)は夜向きSNSかも

第52回/眠る前でもOK? Clubhouse(クラブハウス)は夜向きSNSかも

冬の寝床に湯たんぽが良い理由、効果的な使い方は?

第51回/冬の寝床に湯たんぽが良い理由、効果的な使い方は?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル