OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/stress-relief/237407/

心のトラウマを癒す「バタフライ・ハグ」とは?/心がザワつくときに試してみたいお守りレシピ①

どうも心がザワザワする、息が詰まりそう、なんだかしんどい…。そんなときに気持ちが楽になりそうな、ごく簡単なレシピ集。今回は「バタフライ・ハグ」「氷を握る」の2つをご紹介します。気がついたときに繰り返していると、いつの間にか気持ちが落ち着く、お守りレシピになるかもしれません。

 

教えていただいたのは

公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士 伊藤絵美さん

伊藤絵美さん
Emi Ito

1967年生まれ。公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士。カウンセリングの専門機関「洗足ストレスコーピング・サポートオフィス」所長。クライアントへのカウンセリングのほか、企業研修やセミナー、ワークショップを積極的に開催。『セルフケアの道具箱 ストレスと上手につきあう100のワーク』(晶文社)など著書も多数。

 

 

バタフライ・ハグ

 

バタフライとは蝶々のこと。両腕を胸の前で蝶のようにクロスさせ、左右の胸から肩のあたりを手と指で優しくたたきましょう。

 

左を1回→右を1回→左を1回→右を1回→…というふうに、左右交互にトン、トン、トン、トンと1回ずつゆっくりたたきます。これを2分ほど続けると自然にリラックス。

 

とても簡単なのに、心の傷やトラウマを癒す効果を持つことが確認されている有名な方法です。

 

バタフライ・ハグをするキツネのイラスト

 

 

氷を握る

 

氷を手でじかに握り締め、溶けるまでその冷たさを感じてみましょう。

 

一見、心のリラックスとは相反するようですが、刺激を与えることで、気持ちが苦しさから離れることがあります。

 

あまり大きな氷だと体が冷えて逆効果になってしまうので、適度な大きさの氷を使って。

 

氷を握るシロクマのイラスト

 

 

イラスト/雨月 衣 指導・監修/伊藤絵美(洗足ストレスコーピング・サポートオフィス) 構成・原文/蓮見則子

 

 

今すぐチェック!

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

高めの血圧、内臓脂肪が気になる! 食事会が続く年末年始はカラダにいいものを巡らせて

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第2回/「ストレス」ってそもそも何? 最近よく聞くストレッサーとは?…

次の記事>

次の記事>
第4回/「ひたすら野菜を刻む」など単純作業には瞑想効果が/心がザワつくときに試してみたいお守りレシピ②…

この連載の最新記事

ぐるぐる思考から抜け出せないときの「タンポポのイメージワーク」とは/「つらい私」の対処法⑭

第20回/ぐるぐる思考から抜け出せないときの「タンポポのイメージワーク」とは/「つらい私」の対処法⑭

「川と葉っぱのイメージワーク」でつらい感情を手放す/「つらい私」の対処法⑬

第19回/「川と葉っぱのイメージワーク」でつらい感情を手放す/「つらい私」の対処法⑬

ストレスコーピング「雲のイメージワーク」とは/「つらい私」の対処法⑫

第18回/ストレスコーピング「雲のイメージワーク」とは/「つらい私」の対処法⑫

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル