HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/about-menopause-period/280810/

症状や進行が違う! 子宮筋腫の種類とは?/子宮筋腫の新常識<2>

できる位置や症状によって、大きく3つに分類される子宮筋腫。それぞれの特徴を詳しくみていきます。

 

症状や進行も違う! 子宮筋腫の分類

子宮筋腫は子宮の壁(平滑筋の層)にできる良性腫瘍です。できる位置によって症状が異なるため、大きく3つに分類されます。また、筋腫は多発性であることが多く、これらの2〜3種類の筋腫が混在することも少なくありません。

症状や進行が違う!子宮筋腫の種類とは?/子宮筋腫の新常識<2>⑰

  • 漿膜(しょうまく)
    筋層の外側の粘膜のこと
  • 筋層
    子宮を形作っている筋肉の層
  • 粘膜
    筋層の内側、子宮内膜のこと

筋層内筋腫

子宮筋層の中にできて発育する筋腫。子宮筋腫の中で最も多く、約70%がこれ。小さいうちは症状はなく、大きくなると内腔にせり出します。多発しやすいのも特徴。

●筋腫が多発しやすく痛みや経血も倍増

筋層内筋腫

子宮が大きく変形して子宮筋の収縮が妨げられ、月経痛、腰痛、月経期間が長引くなどの症状も出ます

粘膜下筋腫

筋腫が子宮の内側の粘膜(内膜)から内腔へ向けて発育するタイプ。筋腫のうち5~10%と発生頻度は低いのですが、小さくても、最も激しい症状が出る筋腫。

●腟内に飛び出す筋腫分娩に!

粘膜下筋腫

茎を持つ有茎性筋腫に成長すると、異物を押し出そうとする働きにより、腟の中へ飛び出すことも

 

●内側を圧迫し月経が長く重く

粘膜下筋腫

子宮内膜が圧迫され続けると、うっ血して筋腫が潰瘍のように。大量に出血することもあるので注意

 

漿膜下筋腫

子宮の外側へ向かって発育する筋腫。子宮筋腫全体の10~20%程度。内部を圧迫することがないため無症状のまま巨大化し、下腹部のしこりで見つかるケースも。

●周辺の臓器を圧迫、有茎筋腫では激痛も

漿膜下筋腫

有茎性の根元が長くなってねじれ、激しい痛みが起こったり他の臓器を圧迫して多様な症状が出ることも

 

 

お話を伺ったのは

対馬ルリ子先生

対馬ルリ子さん
Ruriko Tsushima

1958年生まれ。対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長。産婦人科医、医学博士。女性の生涯にわたる健康推進活動に積極的。『「閉経」のホントがわかる本 更年期の体と心がラクになる!』(集英社)が大好評。

ホームページはコチラ

 

八田真理子先生

八田真理子さん
Mariko Hatta

産婦人科医。1998年、千葉県松戸市で女性のためのクリニック「ジュノ・ヴェスタクリニック八田」を開業。著書に『産婦人科医が教えるオトナ女子に知っておいてほしい大切なからだの話』 (アスコム) など。

ホームページはコチラ

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/蓮見則子

 

 

お悩み別の記事を読む

子宮
卵巣
がん
痩せる
セルフケア
筋活

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/40代以上の4〜5割が子宮筋腫持ち。あなたは大丈夫? 症状チェックリスト/子宮筋腫の新常識<1>…

次の記事>

次の記事>
第3回/子宮筋腫の初歩から最新治療まで! 16の疑問に専門医が回答/子宮筋腫の新常識<3>…

この連載の最新記事

「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」この3つの違いをわかっていますか?

第10回/「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」この3つの違いをわかっていますか?

あなたは大丈夫? 子宮筋腫のおもな症状をチェック

第9回/あなたは大丈夫? 子宮筋腫のおもな症状をチェック

子宮筋腫は3タイプ。その違いを知っていますか?

第8回/子宮筋腫は3タイプ。その違いを知っていますか?

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル