HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/consultation/345171/

おしゃべりがやめらない!【50代読者のお悩み】

地曳いく子

地曳いく子

non-no、MORE、Oggi、eclatなど雑誌を始めとし、タレントの衣装も担当。イタくない大人のスタイリングを得意とし、テレビ、トークショーなどで活躍、キャリア30年のスタイリスト。大人のおしゃれを考え直す「50歳、おしゃれ元年。」(集英社)をはじめ、「服を買うなら、捨てなさい」(宝島社)、「ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t 」(集英社)など著書多数

記事一覧を見る

遅くなりましたが、みなさん今年もよろしくお願いします!(地曳さん)

 

お悩み:その64

仕事中(特に夕方になると)、無性におしゃべりがしたくなり、同僚に話しかけてしまいます。5、10分程度だったらいいのですが、たまに2時間近くもしゃべってしまい、帰宅時間が遅くなることもあります。話し相手になってくれている方にも迷惑をかけているかも? と思い、やめたいのですが、なかなか直りません。(52歳・パート・アルバイト・広島)

 

地曳さんのお答え

この間は、「仕事中におしゃべりしている人たちを注意したい」という方から質問をいただきましたが、今回はおしゃべりをしている側からのお悩み相談ですね。

はっきり言って、あなたは迷惑をかけています(笑)。

 

あなたがおしゃべりに講じている間にもお給料は発生しています。タバコを吸いに行くとか長めの小休憩を取るとか、ひとりでやっていることだったらまだしも、相手にも迷惑をかけています。
職種によっては、下手な会議より日常の雑談からいい企画が生まれることもありますが、そういう仕事じゃないならやめたほうがいいですよ。

 

ただ、無性におしゃべりがしたくなる気持ちはわかります。
コロナ禍は話すことにも制限がかけられていたじゃないですか。そのときの膿が溜まっているんですよ、きっと。

 

私が通っているジムなんて、「あなたたちは運動をしに来ているの? それともおしゃべりをしに来ているの?」と聞きたくなるくらい、大変なことになっています(笑)。

日中にお仕事をバリバリこなしたから夕方にきっと脳が疲れて、おしゃべり欲求が湧き出てくるんだと思います。人間ってずっと同じことをしていると疲れちゃうんです。「違うことをしたい!」と思うから、おしゃべりをしちゃうんです。でも、それを同僚相手に発散させてはだめですよ。

 

イラスト/松元まり子

 

「疲れてきたな~」と思ったら人に迷惑をかけない違うことで気を紛らわせる。
1時間も2時間もおしゃべりをするくらいなら、5分か10分くらい外に出るとか、お手洗いに行ってこっそり5分だけゲームしたり、SNSを見たりしてもいいと思いますよ、私は。

 

そして、おしゃべり欲求を職場で発散するのではなくて、趣味の場に行きましょう。
語学教室、読書会、フラワースクール、お料理教室、なんでもいいです。そこで、おしゃべりできる相手を見つけては?

 

最近、友人たちとライブに行きました。いつもだったら終わった後に軽く飲みに行くのですが、その日は終電に近い時間だったから真っ直ぐ帰宅して、その後一緒に行った仲間とLINE電話で2時間くらいおしゃべりをしました。
(前に書きましたが、コロナ禍で始めた“LINE女子会”は、まだ続いてます)

友だち2、3人でLINEのグループ電話でおしゃべりしながらお茶を飲んだりお酒を飲むだけなんですけど、相当すっきりします。電話代もかからないので、“LINE女子会”おすすめです。

 

「仕事は仕事!」と割り切ってさっさと帰って、趣味の場でおしゃべり欲を満たしたり、友達と“LINE女子会”をしたりすれば、仕事中のおしゃべりも少なくなるのではないでしょうか。

 

 

お悩み:その65

職場で隣のデスク同僚が一日中独り言を呟いたり、大きくため息を吐いたりしています。正直、気が散るんですが、電話応対もあるのでイヤホンや耳栓をつけるわけにもいかず…。本人になんとなく伝えても「うるさいよね。ごめんねー」と言うばかりで改善されません。どうやら本人は無意識だそうです。(47歳・会社員・東京)

 

地曳さんのお答え

心中お察しします、本当に…。

私も些細な音に超敏感なので、その状況は耐えられないかも。

本当だったらノイズキャンセリングのイヤホンひとつで問題解決だけど、電話対応がある場合はイヤホンや耳栓をつけて仕事するわけにもいかないですよね。

 

今ひとりで喫茶店の中でこの原稿を書いていますが、ノイズキャンセリングのイヤホンを付けていますし、電車内でも必ず付けます。

 

残念ながら独り言というのは、その人の性質だから治らないですよ。独り言を言っている人が独り言を気にしないように、あなたも音を気にしない方法はありません。そういう性質だから。

 

もうこれはお悩み解決、というより完全に同情でしかない(笑)。
できるアドバイスとしては、せめて移動中くらいはノイキャンを付けたり、仕事中も(可能だったら)片耳だけ付けると疲労軽減になると思います。

 

本当に困っているなら、席替えを上司にお願いするしかないのでは? まさか、猿ぐつわを噛ませたり、防音ボックスにぶち込んだりするわけにもいかないし(笑)。

相手「あれ~、ペンがない~」 あなた「そうなんだ~」
相手「あ~もう忙しい忙しい!」 あなた「あ~私も忙しい忙しい!」
と、独り言にいちいち反応して、嫌がらせしちゃう?(笑)

 

気になることは、人それぞれ。自分のストレスがマックスにならないうちに解決しましょう。

本当、上司に席替えを提案して!

 

 

あなたのお悩みを募集中!

お悩み投稿のルール

①メールの宛先:toko@shueisha.co.jp

②メールタイトル:【いく子さんの悩み相談】
※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・ペンネームのみ(本名は書かないでください)

④文字数の目安:200字程度

お悩み投稿の注意事項

以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

・投稿いただいた内容は、OurAgeの企画および、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

メールをお待ちしています!

 

・・・・information・・・・

●2023年9月20日(水)発売!

『ババア最高! +60歳からのHAPPYおしゃれ』((集英社)

家の中で赤いリップを塗って何が悪い! 派手色ネイル上等! 命短し着飾れBBA! “第2ステージを楽しまなくちゃ損”と人生謳歌中のスタイリスト・地曳いく子さんと漫画家・槇村さとるさんが、還暦からのHAPPYおしゃれ術を教えます! ファストファッションを取り入れた着こなしや、+60から着たいブランド、秘密の着痩せテクなどを幅広く徹底指南。超効率重視&完璧主義・いく子の家事テク紹介も収録で、お得感満載の一冊。

 

●2023年5月10日(水)発売!

『60歳は人生の衣替え』(集英社)

『60歳は人生の衣替え』(集英社)

「歳なんて単なる数字」と粋がっていた著者さえ、還暦を過ぎれば、朝起きれば節々は痛み、女性ホルモンの枯渇からか気分まで鬱々。さらにはコロナ禍の自粛生活で完全なる運動不足に! では、頑張って年齢に抗う? いえいえ、これから必要なのは、季節の移り替わりを受け入れてその季節を楽しむということ。おしゃれも生き方も“衣替え”して、Over60からの「季節」を楽しみませんか?

 

●本連載が“いきなり文庫!”として書籍化! 絶賛発売中です!!

『ババア上等! 番外編 地曳いく子のお悩み相談室』(集英社文庫)

50代、何を着てもヘン。わけもなく夫にイライラ。ワクワクがない。将来が不安でたまらない――。
中高年女子に押し寄せる“お悩み”の数々。ネットで検索しても、友達に相談しても答えが見つからない。
でも大丈夫! おしゃれ、仕事、人生など、全国から寄せられたあらゆる問題をスタイリストが解決&爆笑に変える。
「悩めるBBAの駆け込み寺!? テンション爆上がりスポット」も紹介。コスパ最強の1冊!

 


この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第51回/黒しか似合わない…【40代読者、ファッションのお悩み】

この連載の最新記事

おしゃべりがやめらない!【50代読者のお悩み】

第52回/おしゃべりがやめらない!【50代読者のお悩み】

黒しか似合わない…【40代読者、ファッションのお悩み】

第51回/黒しか似合わない…【40代読者、ファッションのお悩み】

更年期のイライラを、人にぶつけてしまいそう【40代読者のお悩み】

第50回/更年期のイライラを、人にぶつけてしまいそう【40代読者のお悩み】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル