HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/216714/

“ハイヒールをはいたお坊さん”の、ありがたくもユニークなお話の件

ふみっちー

ふみっちー

ネコを愛するネコっ毛の50代。ツンデレ猫・リリララ姉妹に日々翻弄されてます。美と健康の情報は大好物です!

記事一覧を見る

ある日、Facebookを眺めていたら「インタビューを担当しました!」と、ゲイメディアの知り合いの投稿が。掲載されている写真に、思わず目を見はりました。短髪、涼し気な目元にキリっと引いたアイライン、スラリと長身の姿。一時期、話題になったICONIQ(アイコニック)というミュージシャン、彼女を見たときのような衝撃。アンドロジナスな雰囲気が妖しくも魅力的で「この人、誰!?」と思ったものです。

 

この人の名前は西村宏堂さん。LGBTQであり、同性愛者であることを公言している、僧侶にしてメイクアップアーティスト。ひゃー、またスゴい人が出てきたものだ。と、気になり、ついに西村さんの著作をアマゾンでポチリ。

吉田つぶやき_photo

正々堂々 私が好きな私で生きていいんだ

 

小さい頃からディズニー・プリンセスが好き。母親には「こうちゃん、女の子よ!」と言っていたそう。東京の寺に生まれ、父親は大学教授、母親はピアノ奏者、両親ともに自由な思想の持主で、一度も「寺をつげ」と言われたことがない。そんな環境ならば、すんなりカムアウトもできて、偏見も跳ね返して我が道を行けるはず、と思ったら、これがそうではなかったそうで。

 

18歳で日本を離れるまで、私は自分が同性愛者であることを親にも、先生にも、同級生にも、誰にも打ち明けられなかった

 

とのことで、いまだに世間がLGBTQに対して偏見をもっていることを、まざまざと感じさせます。

 

自分を振り返ってもそうだなー。偏見を持っていないつもりでいても、どこかで「あの人、ゲイだから」みたいに“イロもの”扱いしているところがある。そうすることで、私は「普通」だもん、と自分を優位におきたいんですね。

そんな世間に対し西村さんは

 

私は今でも「みんな」や「普通」や「常識」という言葉に気をつけているし、安易に口に出しません。「みんな」なんて、実体のない存在なんだから

 

と言います。うーむ、気をつけねば。

 

そんな西村さんが、本当の自分を隠して孤独だった暗黒時代を経て、自由を求めてアメリカに留学。ところが今度は人種差別を受け、容姿コンプレックスに悩まされ、あがくうちに少しづつ友だちや理解者ができ、とうとう両親にカムアウトする決心をする…。それも感動的なんですが、じゃあ、なぜ僧侶なの!?なぜメイクアップアーティストなの!?

 

そのへんは本を読んでのお楽しみ。でもこの本の醍醐味はまさにそこなんです。西村さんが僧侶&メイクアップアーティストだけに、仏教&おしゃれの話が多いこと。これがまた、実にユニーク。

 

たとえば仏教に関して…

一般的に、仏教の修行は悟りを得るためと言われているけれど、悟りなんて存在しないという学説もあるんですよ」(!?)

 

大乗仏教の『華厳経』というお経の中に、次のような一説があります。『ボロでは人は話を聞かないだろう。優れた高徳は、すぐれた容姿があってこそだ。もし、あなたも菩薩のようになろうとするのであれば、さまざまな飾りで装飾するべきだ』…(中略)あなたの身を飾り立てよと説いているのです」(!?)

 

そんなお経や学説があるのか!?思わず突っこみたくなります。仏教のイメージ、激変です。

またおしゃれやメイクに関しては…

 

効果的だったのは、本当はイケてなかった自分の写真だけの『黒歴史アルバム』をつくり、自分の似合う・似合わないをシビアに振り返ってみたこと。今、見返しても、本当に恥ずかしいんだけど(笑)

 

初めてマスカラを試したときは、『何これ!どこまで伸びるの!』って、楽しさと感動で、人生が変わりそうという予感をビシビシ感じた

 

と。こちらは親しみやすく、楽しいエピソード満載。真似してみよう!と思うようなヒントもあります。

 

僧侶でありメイクアップアーティストであり、LGBTQでもある視点から「人間は性別も人種も関係なくみな平等」を発信し続けている西村さん。国連本部UNFPAやイェール大学、増上寺で講演を行い、BBCやNHKにもその活動が取り上げられています。

 

その言葉に説得力があるのは、僧侶として、メイクアップアーティストとして、キチンと厳しい修行をしているから、ではないでしょうか。これから、私たちの目に触れる機会も増えるはず。“ハイヒールをはいたお坊さん”、ぜひチェックしておいて!

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第152回/50代の体と肌の疲れを15分ケアでリセット! サロンとホームケアどっちでやる?!…

次の記事>

次の記事>
第154回/大好きな2つの美容液が、ロマンティックな冬限定デザインで登場。久々にときめきました!…

この連載の最新記事

マスクストラップを購入して呼吸の大切さに気づく。冬の夜空の下、深呼吸のすすめ

第446回/マスクストラップを購入して呼吸の大切さに気づく。冬の夜空の下、深呼吸のすすめ

「今まで一度もクリスマス・プレゼントをあげられなかったから……」そんな親子の思いに応えるチャリティ「ブックサンタ2022」で、大好きな1冊を届けたい!

第445回/「今まで一度もクリスマス・プレゼントをあげられなかったから……」そんな親子の思いに応えるチャリティ「ブックサンタ2022」で、大好きな1冊を届けたい!

水晶玉子先生も納得!!2023年開運旅とは!?水辺×温泉×○○は最強の組み合わせ!!毎日が開運な編集者の日常㊿

第444回/水晶玉子先生も納得!!2023年開運旅とは!?水辺×温泉×○○は最強の組み合わせ!!毎日が開運な編集者の日常㊿

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル