冷え性を改善するツボ「湧泉」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

 

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

心と体にきく 毎日のツボ

 

 

第2章 生活習慣病にならないために

第2章では、具体的な症状別に効くツボについてご紹介していきます。

 

 

寒い時期はもちろん、夏でも足元が「冷える」と悩んでいる方もいます。

 

今回は、万病のもととも言われる「冷え」を改善してくれるツボをご紹介します。

 

 

 

 

寒くなってくると足は冷えるし、肩こりもひどくなるなんて経験はありませんか? 人によっては真夏の暑い盛りでも足元が冷たいこともあります。これらは両方とも「冷え性」です。

そして温めてもたくさん服を着込んでも解決しにくいのが、「冷え性」の典型的な症状です。

 

東洋医学では、冷え性と肩こりはワンセットで考えられています。「上実下虚(ジョウジツカキョ)」といい、血行が悪くて気の巡りがつま先まで行かず、上半身にばかり気が巡って片寄っている状態をさします。その結果、肩がこり、足は冷えるのです。だから冷え性を改善すれば、自然に肩こりも軽くなります。

 

おすすめは、足の裏にある「湧泉(ユウセン)」です。足指を曲げるとできるくぼみの位置にあり、「押せば命の泉湧く」ともいわれる元気のツボで、あっという間に血の巡りが良くなります。

 

まず、足の裏と手のひらを合わせてこすってから、「湧泉」を約3秒間、親指を重ねて押すのを数回繰り返します。

 

 

 

「冷え」の改善には、「押せば命の泉湧く」ともいわれる元気のツボが効果的!

034-01M_Web用

「湧泉(ユウセン)」

 

「湧泉」は足裏にあって、足指を底のほうに曲げると、第2指と第3指で「人」の字の形のへこみができますが、その交わる谷の部分です。

 

右足を左太ももにのせ、左手は右足指に添えます。右手のひらと右足裏を合わせてこすり血行を良くしてから、添えた左手で右足指を曲げ、くぼみを確認したら親指を重ねて約3秒間押し、これを数回繰り返します。反対側も同様に。

 

【もっとイイネ!】

シャワーより湯船に浸かって十分温まる習慣も効果があります。

 

 

 

 

 

次回は、「四十肩の痛みを軽くする」ツボをご紹介します。

 

 

 

 

構成・編集/ U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第20回
冷え性を改善するツボ「湧泉」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top