宇治でダントツ人気のお茶屋さんで挽き茶体験

プロフィール写真

京都在住。食べる事が好き、特にパンやスイーツが大好きで、旅行へ行ってもメインは美味しいモノ巡りです。この春から下の子が大学生になり子育てもほぼ終了、セーブしていたおでかけを再開します! 住んでいる京都を中心に、関西の美味しいモノや楽しい事巡りをお届けします。

前回前々回と続けてお茶にまつわるおでかけをし、ちょっとした日本茶熱が。

 

そういや息子の同級生はお茶農家さんだったなぁとか、普段気にもとめてなかったお茶の事が気になるようになり、それでは!と、婦人茶会のよーこ先生を誘ってお茶の本場、宇治での挽き茶体験に行ってきました。

 

JR宇治駅を南口へ降りると、ちょうど向こうに見えるのが中村藤吉本店。
数あるお茶屋さんの中でもダントツの人気店です。
この時期ならではの「新茶」の文字が目を引きます。

5年ほど前まではまだ、ふらっと立ち寄っても少し待てばカフェにも入れたのですが、観光客の増加に伴い今はそんな簡単には入れません。
そんな中見つけたのが「挽き茶とお茶席体験」。

 

石臼で碾茶を挽き、それでお薄を点てていただきます。
お茶室でお茶をいただいた事はありましたが、挽き茶体験は初めて。
どんなんだろうと心躍ります!

 

売り場でお金を払うとチケットが渡されます。
可愛い鳥獣戯画が。
期待度高まってきました。


いつもは仕切りがあって入れないお部屋へ案内されます。

 

茶壺の並ぶ続きの間を奥へ進むと、中村家のお仏壇が。
手を合わせてご挨拶をし、待合のお部屋へ。
途中紹介してくださったのがなんと! 勝海舟の書。
「茶煙永日香」の文字が。

 

こちらは撮影できませんが、勝海舟の男らしいイメージとは違い柔らかな優しい文字でした。


待合でお白湯をいただきます。
この汲み出しでお茶を点てます、との意味もあるそう。
その後隣のお部屋へ移動し、挽き茶体験です。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top