OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/169750/

バラとミツバチ。秋田にあるローズメイさんの工場でコンフィチュール作りを見学しました

けいとりん

けいとりん

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。学生の頃に部活で頑張っていた水泳をまた始め、自己管理の一環としながら、ゆったりと続けています。何年か前から始めたボイストレーニングの先生に伴奏をお願いし、たまにボーカルとして音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みにはお1人様、または友人とのおでかけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住)など、私の秋田・東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

記事一覧を見る

今回のおでかけは、秋田県大仙市に事業所・工場がある、ローズメイさん。

 

 

1955年、バラとミツバチと共に創業。現在、秋田の奥羽山脈の麓、太田(おおた)という地域に工場を構えていらっしゃいます。

 

ローヤルゼリー、薔薇の香りシリーズ、ハチミツ、ローズウォーター、ジャムと、様々な商品を開発。自社の、ローヤルゼリーとダマスクローズのローズウォーターが入った化粧品も開発、R2APIS(ラピ)と命名された自然派化粧品は、保湿力抜群!

 

ラピのR2とは、ローヤルゼリーとローズウォーターのことだそうです。なるほど~。
その後ジャムも製造・販売、オレンジスライスジャムが大人気で、他にも薔薇のジャム、季節の果物のジャムやコンフィチュールなど人気の商品がたくさんあります。
その、人気商品が作られている工場を見学させてもらえることに。
担当の方と事前にメールや電話でやり取りさせてもらい、お気遣いをいただきました。
そして、当日ローズメイさんの玄関へと向かったら……!

私の名前が書かれたウェルカムボードが!
こんなに感激したことは今までないかも、というほど嬉しかったですね~。粋なはからい、お心遣いに感謝です!

 

 

事務所には、「経営理念」「ミッション」「ビジョン」の3つが掲げられています。
その中に出てくる「あって幸せ、無いと困る」商品・サービス、これはまさにローズメイさんそのものだと思います。

 

 

その事務所には、担当の藤岡さん(向かって左)と、ローズメイの事務業の要となる方たち。皆さん、にこやかでお話しもしやすく、私は最初から緊張することなく、すうっと入っていけました。そしてなんと、事務所には赤ちゃんが! この日はお母さんの事情で、赤ちゃん連れ出勤なのだそうです。

今という時代のニーズに合った、1歩も2歩も先を行く、とても良い会社なのだなと、ここですぐに感じました。
社長も赤ちゃんをかわいがって、なでなでしてあやしてました。私も柔らかなホッペをぷにぷにと触らせてもらいましたよ(^^)

 

そして社員の皆さんの仲の良さが伝わるこちらの写真、「ローズメイファミリー」という全社員さんの写真が貼られた大きな自作のボード。

社員さんが自発的に作成したそうです。
こういう素敵なデコレーションもですが、社員さんたちが仕事をよりよくしやすくするために、自分たちで考え工夫したものが、事務所・工場内にもよく見られました。素晴らしい。

工場内は三代目の原田 青 (はらだ せい) 社長が自らご案内してくださいました。
白衣セットをいただき、私は完璧な見学スタイル。

社長は東京生まれ東京育ちだそうですが、秋田に所縁があり、昔からちょこちょこと秋田へ来ていたそうです。

 

大自然が広がる秋田には、ピュアで良質なものがたくさんある。その秋田でできたものに愛情と手間を惜しみなく注ぎ、特別なものを創り続けたい。その製品で皆様の「健康で幸せな生活」のお手伝いができるのなら、私たちにこれ以上の喜びはありません。と、原田社長はおっしゃっています。

 

秋田の良さ、秋田の良質な農作物、そこから秋田県が元気に向上していくようにとお手伝いをしたいという社長の思い・情熱には頭が下がります。

 

工場内、最初に”春摘み苺のコンフィチュール”作りを見学。
ひとつひとつ苺を検品し、ヘタをとり、丁寧な手仕事を続けていらっしゃいます。
その苺を、形が崩れないようにしっかりと目で確認しながら、じっくりと煮詰めるのが秋田工場の部長。

この方、以前こちらで紹介した蔵の町・増田町というところのご出身だそうです。

その部長さんの手仕事、苺を崩れないように煮詰めるというのがかなりの技術を要する大事な作業。そうやって出来上がった苺がビン詰めされ並んでいます。

 

次に、人気のオレンジスライスジャム作り。こちらも手作業で1個1個洗い、しかもポツポツと皮の表面にある斑点を全てナイフで取り除くという細やかな手仕事。だからこそ、あの綺麗な色・形のオレンジスライスジャムが出来上がるんですね。すごい!
写真は時計回りの順で作業が進んでいます。

 

 

他にも様々な商品が作られ、ビン詰めされ、次の部屋でラベルが貼られ、発送までの作業が進みます。ローズメイさんの商品は通販がメインですので、この発送までの作業が毎日忙しく行われています。

見学していて感激がたくさんありましたが、従業員の皆さんがわざわざ手をとめて私に「こんにちは!」とご挨拶してくださったことにも、とても感激しました。

 

社長はじめ皆さんの雰囲気から、楽しく働ける、良い環境の会社なのだと感じました。

 

 

ローズメイさんは、通販以外でも、デパートの催事の他、スーパー、パン屋さん、コーヒー専門店など、現在はなんと800店舗に商品が卸されているそうです。

 

2年前には桜と武家屋敷で有名な角館の駅前に、直営店・ローズメイカフェというショップをオープン。そちらでほとんどの商品が購入できるようになりました。お取り寄せもできます。

 

工場で見た苺のコンフィチュール、

そしてこちらのオレンジスライスジャム。


ショップではどのように販売されているのか、後編では次の日に行った角館のローズメイカフェをご紹介します。

 

株式会社ローズメイ

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#東北 #秋田 #食べる #学ぶ

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル