内蔵(うちぐら)のある家並みの風景、横手市増田町へ

プロフィール写真

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。同級生とギター&ボーカルのユニットを組み、たまに音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みには友人とのお出かけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住!)など、私の東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

朝晩の冷え込みが厳しくなり、急に寒さが押し寄せてきたように感じます。とはいえ、日中はじんわり汗ばむくらい暑い日があったり、今年も秋といえども暖かな日が多いです。しかし、冬は確実に近づいている、そんな匂いも少なからずしてきています。

 

こちらでは朝晩は、9月の末から暖房を使用しているお宅、うちも含めて多いです。 秋田は暖房が全くいらないのは4ヶ月もないぐらいかもしれません。
昨年に続き今年も雪が多いかどうか、少なければお仕事的に困る方もいらっしゃるわけで……でも、個人としては、降雪量は少ないに越したことはないのですが……。

 

今回のおでかけは、増田町。秋田県内でもかなりの降雪量、市内の地域は全て特別豪雪地帯~豪雪地帯に指定されている、横手市にあります。

 

増田町は蔵の町としても知られていて、県南地方の商人地主町として明治から昭和初期にかけて繁栄し、東北経済において、交通・通商・そして軍事などで栄えた町。商人地主たちが贅を競って建てたものが、内蔵(うちぐら)のある家。現在も母屋で覆われた、豪華な構えの内蔵の商家が40軒ほどあります。その町並みは、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。その内蔵の中で、代表的なのがこちらの「蔵の駅」。

「蔵の駅」は、元は明治時代に建てられた旧・石平金物店。 明治から大正にかけて、金物商などを営んでいた石田家より横手市に寄贈され、現在、物産観光センターとして生まれ変わっています。

 

見学は無料。内蔵を持つ、基本的な構造の商家だそうですので、ここを見れば内蔵の造りがよくわかるのだそうです。お隣には雑貨店と肥料店「山吉(やまよし)」さんがあります。こちらの内蔵もたいそう豪華な造りのようです。
JR東日本、大人の休日倶楽部のCMに増田町が起用されたこと、覚えている方いらっしゃるでしょうか?吉永小百合さんが、蔵の町を旅するCMが素敵でしたよ。

既に閉館の時間を過ぎていて、残念ながら見学はできませんでしたが、私の家からは車で40分~45分で行けるので、雪の季節にまた訪れ、中を見学して、掲載許可がいただけたらぜひこちらに載せたいなと思っています。

この増田町は朝市も有名で、上の写真・朝市通りの入り口看板に書いてあるように、寛永20年(1643年)から始まった、今でも続く伝統ある朝市です。毎月2・5・9のつく日に、レトロな通りで開かれる朝市。
逆側に書いてある、「よぐきてけだんし」という秋田弁のお出迎えの言葉は、「よく来てくださいました」という意味です。

 

夕方の朝市看板も、いい雰囲気で素敵でした。

 

今回のおでかけメインは、カフェでのジャズライブ。でも、その前に……。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top