大人が使いやすい化粧品で、劇的にメイク上手に!

プロフィール写真

都電が走る下町暮らし。夫も呆れるほどの欧州サッカー好き。週末は公園でテニスに明け暮れる。夢は世界一周うまいものめぐり。何気ないけれど心に響く風景とグルメ情報をお届けします。普段のメイクはナチュラル派! もう一度、メイクの基本を習います!

今日は、先日のファンデーション体験に続き、メイクアップを習いに花王の研究所へ。

_V8P7400 600

眉の描き方、口紅の色選び、チークの入れ方、いろいろ自己流でメイクしていませんか? ちょこみみさんも長年のクセを見直すべく、自分世代に似合うメイクをマスターします!

今日の先生は花王のシニアメイクアップアーティスト山田由理香さんです。

0202kao18730 600

この研究所で見ることができる、メイクのシミュレーション。左は濃すぎる口紅、右は白浮きする口紅をはめてみた画像です。

 

ちょこみみ「こういう人いますよね(笑)でも確かに、どんな色を選べばいいのか、私もよくわかりません」

 

山田「お化粧してるのになんか変! というメイク、時々お見かけします。自分の顔のパーツそれぞれに、正しくメイクできているかどうかが大切なんです。明るすぎる、白浮きする色、アイシャドウも意外と塗り場所を間違えていることが多いんですよ」

 

ちょこみみ「せっかくメイクしているのに変なんて、悲しいですね(笑)」

 

山田「年齢を重ねると顔にくぼみが出てきたりするので、影が出るところを明るくするだけでリフトアップして見えます。とにかく明るく仕上げることがこの世代のメイクのポイントです!」

 

◆塗り場所、間違えてない?

STEP1

眉を確認。眉尻が眉頭より下がっていないか、アイブロウの柄などをあててチェック。眉の太さは黒目の半分ぐらいが好印象の目安。

0202kao18616

 

STEP2

ここでは、オーブ クチュール ブライトアップアイズを使って、簡単にアイメイクを仕上げます。

まず、乾燥してくすみがちなまぶたをしっとりと、明るく整えるまぶたベースを指で取り、眉毛の下から目の際まで、目の幅の範囲に塗っていきます。

0202kao18618

 

STEP3

2色シャドウを2色ブラシにとって、そのままひと塗りするだけできれいなグラデーションが完成。アクセントカラー(ピンクやパープルなど)は「二重幅だけ」に塗りがちですが、それは間違い。アイホール全体に塗るぐらいでOK。その方が、目を開けた時もアイカラーが見えて華やかです。

0202kao18638

 

STEP4

やわらかライナーでアイラインを。たるみがちな目もとでもやわらかくてひきやすいパウダーライナーなので、まぶたをひっぱらなくても簡単に塗ることができます。このラインを入れることで、目力がぐんとアップ!

0202kao18654

 

STEP5

チークとハイライトで血色のよさと立体感を。オーブ クチュール デザイニングパフチークは目尻と小鼻の位置が書かれたパフを「見たまま置くだけ」でチークとハイライトが一度で正しい位置につけられます。

0202kao18674

img_product26_s3_1

STEP6

口紅は濃すぎず、白過ぎない色を。オーブ  クチュールのロングキープルージュ〔50代カラー〕は肌なじみのよいカラーバリエーション。ちょこみみさんは自然なピンクのPK161をチョイス。口角にはあまり色を入れず、唇の中央にたっぷり塗るのがふっくら感のある唇に見えるコツ。口角に色が乗っていると下がって見えがちなので、うすく塗る程度に。

0202kao18677

0202kao18689

◆完成です!

くすみのない肌、自然な赤みの唇、華やかなアイメイクとくっきり目力。年齢を感じさせないみずみずしいメイクのポイントは

①眉尻は下げない

②アイシャドウのカラーはアイホールぐらいまで入れる

➂チークとハイライトで顔に立体感を

④肌なじみのよい口紅で自然な仕上がりに

0202kao18713 600

 

◆体験を終えて

アイシャドウは好きなのですが、くすんでみえがちなので最近は遠慮していました。でも肌をトーンアップするとアイシャドウの色が楽しめることがわかりました!今日は久しぶりにブラウン系のメイクをしていただきました。全然くすみ感がなくてびっくりです。また、口紅は筆を使って輪郭をしっかり取らなければならないのかと思ったら、それだとかえって口角が下がって見えることもあるそうです。なので、「中央にたっぷり、口角はうすめに」塗るテクニックを教えていただきました。アイラインもにじむので敬遠しがちだったのですがアイメイクがにじむのは目の際までファンデーションが塗れていないから」だそうです。なるほど、ファンデーションもやはり重要なのですね。丁寧に仕上げればメイク崩れも少なく、1日中メリハリのあるメイクでいられそうです! 翌日から早速、教えていただいたメイクテクニックを復習もかねて実践しています。思ったより簡単で、顔がぱあっと明るい印象になりました!(ちょこみみ)

 

 

0202kao18528

花王 シニアメイクアップアーティスト 山田由理香さん 商品開発や、メイクアップ研修の講師なども務める。

0202kao18752

(左から時計回りに)オーブ クチュール デザイニングパフチーク(全5種) 2,500円、オーブ クチュール ブライトアップアイズ (全4種)3,800円、オーブ クチュール ロングキープルージュ(全20色)3,200円、オーブ クチュールデザイニングアイブロウ ペンシル (全3色)1,000円 いずれも税抜 ※編集部調べ

 

◆オーブ クチュール ブライトアップアイズ 新商品発表会の記事はこちら

 

撮影/山田英博

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top