OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/56304/

日本のはじまりの神社「橿原神宮」で 御本殿の特別参拝

吉田さらさ

吉田さらさ

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

記事一覧を見る

日本のはじまりの神社で

御本殿の特別参拝

 

こんにちは。寺社部長の吉田さらさです。

全国の神社仏閣を中心とする旅情報をお伝えしています。

今回は、奈良の橿原市にある橿原神宮に参拝いたします。

吉田橿原神宮外観

 

こちらの神社は奈良の中心部から少し離れているため、

比較的知名度が低いかも知れませんが、

実は、ここをはずしたら日本の歴史は語れないほど、重要な神社です。

何しろこの神社は、初代神武天皇が宮殿を建て、

天皇として即位なさった場所に建っているのです。

吉田橿原神宮外観

写真提供:橿原神宮

 

 

神武天皇は、即位前のお名前を「カムヤマトイハレビコノミコト」と申され、

アマテラスオオミカミのお孫様で、高天ヶ原からはじめて地上に降り立った

ニニギノミコトから数えて四代目のご子孫に当たります。

もとは九州の高千穂というところにお住まいでしたが、

日本の国を統一するため東に向かい、さまざまな困難を乗り越えて、この地に到達。

大和三山のひとつ、畝傍山の麓に橿原宮を創建し、第一代天皇として即位されました。今からおよそ2,600余年前のことです。

吉田橿原神宮絵

 

この絵は、神武天皇の東征の旅を描いたものの中の一枚。

日本書紀には、本書紀には、天皇一行が長髄彦の軍との戦いに苦戦しているとき、遙か天空から金色の鵄(とび)が飛来し、天皇の構えた弓に止まり、雷光のごとく照り輝やいた光を浴びた長髄彦の軍は、みな目がくらんで戦意を喪失し敗走したと書かれています。

この絵の中で金鵄が上にとまった弓をお持ちなのが神武天皇です。

 

 

さて、今回、こちらの神社を訪れたのには、深いわけがあります。

平成28年は、神武天皇が崩御されてから2600年目の式年に当たります。

そのため、来年の4月3日に、「神武天皇二千六百年大祭」が斎行されます。

現在は、それに向けて御本殿の御修繕が行われており、この期間中は、特別公開されているのです。御修繕は、明治37年、昭和11年、昭和51年に行われましたが、その際は公開されなかったので、今回が初の公開です。

吉田橿原神宮工事

 

この建物は、実は、江戸時代末期に建てられた京都御所内の賢所で、

明治23年にこちらの神社が創建された際に下賜されたものです。

神職さんか、特別に選ばれた方しか入ることができなかった神聖な空間に、

一般のわたしたちも入れていただけるのです。

二度とないかも知れないこのチャンスを逃してはなりません。

 

それに加えて、やはり、普段は立ち入ることができない貴重な建物や秘庭も公開されます。

勅使館、文華殿、貴賓館の三カ所があり、それぞれに、技術を駆使した美しい装飾など、見どころが満載です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

勅使館は、今回が初公開。

勅使(天皇の名代として差遣された人)をお迎えする建物で、大正6年の建築。

天皇の命により勅使が携えて来た幣帛(神への捧げもの)、それを入れるための箱(柳筥)なども拝見できます。このようなありがたいお品を目にすることができるのも、この期間中だけ。

吉田橿原神宮文華殿

写真提供:橿原神宮

 

 

文華殿は、昭和42年に、織田家旧柳本藩邸の表向御殿を移築、復元したもの。江戸時代末期の天保15年に建立された屋形の一部分です。絵のように美しい庭園があり、11月に入ると木々が色づいて、息を飲む美しさとなります。

 

吉田橿原神宮古材

特別参拝をさせていただくと、

「御本殿御屋根檜皮古材」がいただけます。

御本殿の屋根の檜皮も現在、39年ぶりに葺き替えが終わり、こちらはその貴重な古材。

家庭の安寧と家運の隆昌のお守りとなります。

 

 

吉田橿原神宮手ぬぐい

橿原神宮神紋(橿葉)をモチーフにあしらった手ぬぐいもいただけます。

 

 

御本殿、秘庭の公開は、平成27年10月5日~11月30日です。

他の行事の都合などで、公開されない日もありますので、以下でご確認の上お出かけください。

http://www.kashiharajingu.or.jp/common/img/kj_tokubetsusanpai.pdf

 

 

橿原神宮のホームページはこちらです。

http://www.kashiharajingu.or.jp/

 

 

吉田さらさ 

公式サイト

http://home.c01.itscom.net/sarasa/

個人Facebook

https://www.facebook.com/yoshidasarasa

 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#近畿 #奈良 #寺社

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜 今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜
<前の記事

<前の記事
第21回/京都の奥座敷のような寺で、 移り行く季節を愛でる/雲龍院後編…

次の記事>

次の記事>
第23回/上野で兵馬俑さんたちに出会う…

この連載の最新記事

樹木葬のお墓ってどんなもの? /その2:見学に行ってみました

第117回/樹木葬のお墓ってどんなもの? /その2:見学に行ってみました

樹木葬のお墓ってどんなもの? /その1:まずは基本を勉強しよう

第116回/樹木葬のお墓ってどんなもの? /その1:まずは基本を勉強しよう

自分にぴったりの遠近両用メガネが 、24時間!で作れるようになりました

第115回/自分にぴったりの遠近両用メガネが 、24時間!で作れるようになりました

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル