秩父の観音霊場で紅葉巡りと写真撮影を楽しむ

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

秩父の観音霊場で

紅葉巡りと写真撮影を楽しむ

 

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

全国各地の寺社を巡り、旅に役立つ情報をお送りしています。

今回は、埼玉県秩父市の紅葉の明所をご紹介します。

 

秩父は、三十四か所観音霊場巡りでよく知られています。

観音様を祀った34のお寺を巡る巡礼コースで、全部回ると大きな功徳を得られるとされます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なぜ34なのか?

観音様は33の姿に変身して人を救うと言われるため、各地の観音霊場巡りは、一般に差十三か所です。

中でもとりわけ有名なのは、関西の著名な寺を巡る西国三十三か所と、東京を含めた関東のお寺を巡る坂東三十三か所。その二つと秩父の霊場をまとめて全部で百になるように、秩父だけが三十四か所になっているのです。

吉田_秩父2

霊場巡りは、すべて一度に巡る必要はないし、どこから行っても、最終的にすべて回れば功徳は同じです。歩いて行かずとも、乗り物に乗ってもかまわないし、何年かかっても大丈夫。ということで、わたしも少しずつ、西国、坂東、秩父の霊場を巡っています。本当にぼちぼちペースなので、いつになったら百になるのかは、わかりませんけどね。

吉田_秩父3

これまで行った秩父のお寺の中で、紅葉が美しいのは、まず、一番札所の四萬部寺(しまぶじ)。あるお坊さんが、四万部のお経を唱えて経塚を作ったことが名前の由来です。

境内は山の斜面になっており、真っ赤に色づいたもみじの木がたくさん。

お地蔵さんをはじめとする石仏もたくさんあり、写真撮影に最適です。

吉田_秩父4

本堂は元禄時代に建てられた風格あるものです。

吉田_秩父5

悩み多きこの世の人間たちを天上から見守るようなお地蔵さん。

吉田_秩父6

わたしたちに、この世を生きるための知恵を授けてくれる釈迦如来と文殊菩薩

 

四萬部寺

http://www.chichibufudasho.com/chichibu34/introduction/1ban/

 

そして四番札所も。次のページでご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第44回
秩父の観音霊場で紅葉巡りと写真撮影を楽しむ

  • To Top