HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/88649/

秩父の観音霊場で紅葉巡りと写真撮影を楽しむ

吉田さらさ

吉田さらさ

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

記事一覧を見る

秩父の観音霊場で

紅葉巡りと写真撮影を楽しむ

 

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

全国各地の寺社を巡り、旅に役立つ情報をお送りしています。

今回は、埼玉県秩父市の紅葉の明所をご紹介します。

 

秩父は、三十四か所観音霊場巡りでよく知られています。

観音様を祀った34のお寺を巡る巡礼コースで、全部回ると大きな功徳を得られるとされます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なぜ34なのか?

観音様は33の姿に変身して人を救うと言われるため、各地の観音霊場巡りは、一般に差十三か所です。

中でもとりわけ有名なのは、関西の著名な寺を巡る西国三十三か所と、東京を含めた関東のお寺を巡る坂東三十三か所。その二つと秩父の霊場をまとめて全部で百になるように、秩父だけが三十四か所になっているのです。

吉田_秩父2

霊場巡りは、すべて一度に巡る必要はないし、どこから行っても、最終的にすべて回れば功徳は同じです。歩いて行かずとも、乗り物に乗ってもかまわないし、何年かかっても大丈夫。ということで、わたしも少しずつ、西国、坂東、秩父の霊場を巡っています。本当にぼちぼちペースなので、いつになったら百になるのかは、わかりませんけどね。

吉田_秩父3

これまで行った秩父のお寺の中で、紅葉が美しいのは、まず、一番札所の四萬部寺(しまぶじ)。あるお坊さんが、四万部のお経を唱えて経塚を作ったことが名前の由来です。

境内は山の斜面になっており、真っ赤に色づいたもみじの木がたくさん。

お地蔵さんをはじめとする石仏もたくさんあり、写真撮影に最適です。

吉田_秩父4

本堂は元禄時代に建てられた風格あるものです。

吉田_秩父5

悩み多きこの世の人間たちを天上から見守るようなお地蔵さん。

吉田_秩父6

わたしたちに、この世を生きるための知恵を授けてくれる釈迦如来と文殊菩薩

 

 

そして四番札所も。次のページでご紹介します。

四番札所の金昌寺も大好きです。

吉田_秩父7

こちらは、境内に1300体以上の石仏があり、紅葉と一緒に写真を撮っていると、時間を忘れてしまうほど。ポーズや表情が面白くて、セリフをつけたくなってしまいます。

吉田_秩父8

「このごろ、どうも物忘れが多くていけねえや」

吉田_秩父9

「それはあんた、もう年ってことなんじゃないの?」

吉田_秩父10

「いやいや、わしなどはもう何百歳にもなっておるが、仏も人間も、年を取れば取るほど、賢くなるもんじゃな」

吉田_秩父11

「何かを忘れるのは、脳みそに、別の知恵を取り込むスペースを作るためなのです。だから、忘れることなんか気にせず、どんどん新しいことを考えましょう」

 

金昌寺

http://www.chichibufudasho.com

 

八番札所もご紹介します。次のページへ!

八番札所の西善寺の「コミネモミジ」も素晴らしいです。

この木は推定樹齢600年。紅葉シーズンは、例年11月中旬から12月にかけてです。

吉田_秩父12

この巨樹の下には六体のお地蔵さんがあります。

これは「六地蔵」と言って、人間が死後に輪廻する6つの世界で人を救ってくれる六体のお地蔵さんです。

吉田_秩父13

前からだけでなく、後ろからも写真を撮ってみると、また違った雰囲気になりますね。

 

西善寺

http://www.saizen.or.jp/about/

 

 

秩父札所連合会公式サイト

交通案内などは、こちらをご参照ください。

http://www.chichibufudasho.com/

 

 

 

吉田さらさ

公式サイト

http://home.c01.itscom.net/sarasa/

個人Facebook

https://www.facebook.com/yoshidasarasa

イベントのお知らせページ

https://www.facebook.com/yoshidasarasa2

 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #埼玉 #寺社 #紅葉

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜
<前の記事

<前の記事
第43回/仏像好きの憧れの的、甲賀の大観音様が東京にやってきた…

次の記事>

次の記事>
第45回/滋賀県「湖南三山」の名刹を巡って、紅葉を楽しむ…

この連載の最新記事

東伊豆の温泉ホテルで過ごす プリンセス気分の1泊2日<前編>

第173回/東伊豆の温泉ホテルで過ごす プリンセス気分の1泊2日<前編>

芸術が大爆発 展覧会 岡本太郎

第172回/芸術が大爆発 展覧会 岡本太郎

トーハクさん 150回目のお誕生日おめでとう

第171回/トーハクさん 150回目のお誕生日おめでとう

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル