滋賀県「湖南三山」の名刹を巡って、紅葉を楽しむ

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは。

寺社部長の吉田さらさです。

全国の寺社を巡り、旅に役立つ情報をお届けしています。
今回は、滋賀県の紅葉の名所、「湖南三山」についてお話しします。琵琶湖の南側の湖南市に点在する善水寺、常楽寺、長寿寺という三つの名刹を巡るコースで、じっくりと紅葉を楽しむのに最適です。

吉田さらさ

どの寺も歴史が古く、奈良時代までさかのぼります。

そのため、文化財が多く、それぞれに、美しい国宝の建造物があります。
その中に祀られる仏像も素晴らしいです。
お寺好き、仏像好きの方は、ぜひ、出かけてみてください。

 

例年の紅葉シーズンには、「国宝湖南三山めぐり」が開催されます。
今年2016年は、11月13日(日)〜2016年11月30日(水)。
境内を彩る紅葉を楽しめるほか、地元の物産品販売や各種イベントも開催されます。

吉田さらさ

ただし、交通にはご注意!

この三つの寺を順に巡るバスなどはなく、電車とコミュニティバスを使って移動する必要があります。

 

善水寺はJR草津線の甲西駅からバスに乗り12分。バス停「岩根」下車、徒歩10分。常楽寺、長寿寺は同じく草津線の石部駅からバス10分、どちらもバス停から徒歩1分。この二つの寺は比較的近いので移動は徒歩でもできます。レンタカーやタクシーを使えば簡単に移動できますが、地元の方と一緒にバスに揺られるのんびり旅も楽しいですよ。

吉田さらさ

では、湖南三山の三つのお寺をもう少し詳しくご説明しましょう。

 

まずは、善水寺から。
こちらのお寺は、和銅年間(710年ごろ)、元明天皇(天智天皇の娘)の勅願によって建てられました。800年ごろ、比叡山延暦寺を開いた最澄上人がやってきて、こちらの寺の霊水を使って桓武天皇の病気平癒の祈願をしました。それによって「善水寺」という名前をいただき、病気平癒に霊験あらたかな寺となったということです。

吉田さらさ

本堂は国宝です。

南北朝時代、貞治五年(1366)再建されたもので、木造入母屋造桧皮葺((ひわだぶき)。美しい屋根のカーブに見とれます。その本堂の中には30体以上もの仏像が祀られています。奈良や京都以外の地方で、これだけ見事な仏像が並ぶ寺はめったになく、この寺が、延暦寺と深い関係にあったことがうかがえます。

吉田さらさ

本尊の薬師如来坐像(重要文化財、平安時代)は秘仏で、開帳は不定期です。この像は、次にいつ拝めるかはわかりませんが、お堂の中には、そのほかにも、梵天立像・帝釈天立像、四天王像など、平安時代に造られた仏像がずらり。一体一体拝んでいると時を忘れてしまいそうです。

吉田さらさ

 

善水寺
http://www.zensuiji.jp/

 

次のページでは、常楽寺と長寿寺について紹介します。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第45回
滋賀県「湖南三山」の名刹を巡って、紅葉を楽しむ

  • To Top