PR

美容のプロ直伝! 化粧品は正しく使うことで自分史上最高の美肌になれる!

『基本4点』を使うときは、保湿液→美活肌エキス→クリーム20→保護乳液の順で。正しく使うことで、思わず「すごい!」と声が出るほどの、未体験の仕上がりが得られます。

❶保湿液:顔全体を慈しむようにゆっくり抑え込みます。頬を触って、手にもっちり吸い付くようになったら完了の合図。この気持ちよい「吸いつき肌」こそがドモホルンリンクル名物!

 

❷美活肌エキス:手のひらに押し切り1プッシュ。指の腹で顔全体になじませた後、とんとんと叩き込み、気になる箇所はもうワンプッシュ、重ねづけを。森林を思わせるようなウッディな香りは思わず深呼吸したくなるほど。

 

❸クリーム20:ゆっくり円を描くように顔全体に。目じりやほうれい線など、気になる部分はしわを広げて、奥まで成分が届くように、しっかり塗り込む。原料も技術もブランドの総力をつぎ込んだ、ドモホルンリンクルを代表する一品。

 

❹保護乳液:肌の隙間を埋め込むように、顔全体をしっかり抑え込む。この一品があるとないとでは、肌の仕上がりが全く違ってしまうほどの存在感。

 

「ドモホルンリンクルは指や手の使い方も詳しく案内しています。得られる仕上がりも全然違うのだとか。スキンケアは毎日のこと。肌を慈しみながら愉しんで行うことで、満足する手応えが得られるはず。前向きにスキンケアを愉しむ気持ちに、肌は必ず応えてくれます」と、野毛さんからのアドバイスです。

 

◆化粧品についている説明書、読んでますか?

パッケージに書かれていたり、同梱されている説明書には、効果を最大限に引き出すノウハウが詰まっています。これを読まずに“自己流”で使ってしまうのはとてももったいないことです。せっかく高価な化粧品を使っても、本来の効果が得られないことになってしまいます。

 

必要なものを必要な量使うことで、肌が整ってきます。最大限に肌を美しく整える量はこれくらいです、つけ方はこうです、ポイントはここですといった、設計者の意図をきちんと受け取るためにも、説明書はぜひ、じっくり読んでください。それが美肌への近道になります。

 

ドモホルンリンクルの説明書はとても丁寧。使う分量が原寸で表示されていたり、紙自体が防水加工になっていたり。初めて使う人も迷わず、誰でも正しく使えるように作られています。その案内がいたるところにある。写真のように、製品の緩衝ケースの内側にも! 私はこの手の説明書を見る機会が多いですが、一番わかりやすいと思いました

自己流スキンケア、今日から見直したいですね。

 

ところで、野毛さんのお気に入りは『基本4点』以外にもあるそう。それは……?

 

無料お試しセット(全8点)のお申し込みはこちらから

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top