セーシェル編②/快晴のセーシェルは、絶景ビーチ天国〜!

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

こんにちは、南の島&秘境好きミーナです。

日本からスリランカ航空で行く、1度のフライトで2倍楽しい、セーシェルの旅! 憧れの楽園セーシェルへはスリランカ航空でコロンボ経由で飛び、その前後どちらかでスリランカにストップオーバーして楽しんじゃおうというわけ。

Seychelles Political Map

前回に引き続き、セーシェルの首都があるマヘ島のご紹介です。真っ白なビーチに絶妙なグラデーションを描く、セーシェル・ブルーの海・・・ミーナ理想のビーチのはずが、到着したら雨が・・・もちろん、海もグレー。セーシェルのお天気の行方は?

 

ピーカンとはいかないものの、まずまずのお天気に。本日は、島で一番にぎやかと評判のボーバロンビーチに出かけて、ランチも食べてこよう、というプランに決定。観光客だけでなくセーシェルの住民にも最も人気のあるビーチというだけあって、レストランやカジュアルなホテルもビーチ沿いにたくさん。釣りやダイビングなどマリンスポーツのオフィスも。ビーチに到着した頃には、お天気もいい感じ〜

beau vallon beach

beau vallon beach 2

ホテルのビーチとはまた違った、開放的な浜で日光浴(紫外線は美容の敵とわかっていながら、大好き! 顔だけはしっかりガード)を楽しんだら、お腹がすいてきました。「ボートハウス Boat House」という名前も好みなレストランへ。

boathouse

インテリアもなかなか可愛かったです。

boathouse interior

いただいたのは、セーシェルの典型的なお料理の数々。歴史的に複数の民族がミックスされてきたセーシェルの料理=「クレオール料理」は、アフリカ料理に、フランス、中国、英国、インドなどの影響が混ざったもの。お米が主食で、セーシェルらしい食材として魚やココナッツを多く用い、インドの香辛料や中国の醤油をきかせたり、フランスの料理のアクセントも。ど定番は、魚や鶏のカレー。パパイヤのサラダなども、ココナッツミルク風味でおいしいです。

boathouse foodsJPG

boathouse plate

欧州圏ですから、デザートも欠かせません。ココナッツのお団子みたいなのと、バナナの煮込み、どちらも見た目通りの超甘。でも、けっこう好きなんです。

boathouse sweets

 

 

次ページにも、マヘ島情報が続きます。


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top