絶景!オマーンの“グランドキャニオン”にある5つ星リゾート(前編)こんな景色、見たことない!

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

こんにちは、旅好きミーナです。ちょっと間があいてしまい、去年のことですがオマーンへの旅行をレポート中。アラビア半島の東側、ドバイやアブダビのあるUAE(アラブ首長国連邦)の東南の隣国で、“海、絶景、ワイルドな自然が好き、でも旅行は快適じゃなきゃ”というわがままミーナがすっかりお気に入りになった国です。

日本ではあまり知られていないオマーンに興味をもったきっかけは、下の写真。

写真はSix Senses Zighy Bay Resort のウェブサイトより

 

絶景のロケーションにある、シックスセンシズ(Six Senses)のビーチリゾートでした。というわけで、いつかは行ってみたい国、オマーンだったのですが、昨年の春、まとまった休みが取れる機会があり、行き先を考え始めたころ、なぜかオマーンの情報が集まってきたのです。

アナンタラ(Anantara)というホテルグループからのメールに“オマーンに新しいリゾート2軒オープン”というお知らせが載っていたり、海外の旅行サイトからのメールに“2017年注目の旅行先はオマーン”という記事があったり。

 

リサーチしてみると、ビーチはもちろん、砂漠やオアシスに行けて、3000メートル級の山脈に山のリゾートもあって、すごく多彩な風土なんです。シャングリラやリッツ・カールトン、アナンタラやシックセンシズなど、名だたるホテルチェーンのリゾートもあり。欧米では、すでに大人気のデステイネーションだったのです。

 

というわけで、旅行先はオマーンに決定。前置きが長くなりましたが、旅レポをお送りしています。海のリゾート、シックスセンシズ・ジギーベイ(Six Senses Zighy Bay) の次にご紹介するのは、山の絶景リゾート、アナンタラ アル ジャバル アル アフダル リゾート(Anantara Al Jabal Al Akhdar Resort)です。アナンタラはタイをメインに、アジアを中心に展開しているホテルグループ。オマーンの山のリゾートは、2016年末にオープン。

アナンタラ アル ジャバル アル アフダル リゾート(Anantara Al Jabal Al Akhdar Resort)は、地図の星のあたりです。

 

ホテルはオマーンのグランドキャニオンと言われる峡谷の縁に建ち、崖を望むインフィニティプールからはパノラマな景色が。そんな絶景リゾートだけに、行くのはちょっと大変。豊富なオイルマネーによって道路網が整備されているオマーン、レンタカーで旅していたのですが、2000メートル超えの山中にあるリゾートへは途中から4駆専用道路になるのです。

高速道路を内陸の山間部に向かって行くと、峰々の頂には、昔の要塞跡が点々と。古い要塞と椰子、高速道路の対比がオマーンならでは。

 

高速道路を降りて、山麓の4駆専用道路の検問所で待ち合わせ、リゾートの送迎車に乗り換えて山道をぐんぐん、やがて高地の集落に到着。どうってことのない村の風情で、こんなところにリゾートがあるの?“グランドキャニオン”って?

麓から45分ほど、村はずれのホテルに到着。峡谷は、ホテルの裏なのかしら?

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top