HAPPY PLUS
https://ourage.jp/food/forties-recipes/310682/

リンゴがたくさん余ったら「甘煮」に!

山田玲子

山田玲子

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

記事一覧を見る

秋から冬にかけては、リンゴの季節。

リンゴは、産地や品種によってその旬が異なるので、長い期間、品種の異なるさまざまなリンゴの味を楽しむことができますね。

 

リンゴいろいろ

 

イギリスには「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」ということわざがあるように、リンゴは古くからヘルシーな果物として親しまれてきました。美肌効果や免疫力アップが期待できるビタミンCや、むくみ予防や血圧の安定に役立つカリウム、腸内の有害物質を排泄し、善玉菌を増やして腸内環境を整える働きを持つ食物繊維などを含んでいます。

 

私もリンゴは大好きなのでよくいただきます。朝食に必ず食べるヨーグルトに刻んで入れるなど、生で食べることが多いです。そのほうが、ビタミンCなど、加熱に弱い成分もとることができます。

 

でも、年末年始など、同じタイミングで、いろいろな地方からたくさんのリンゴをいただいて「ちょっと食べきれないかも…」というとこともよくあります。そんなとき、私は「甘煮」を作るようにしています。

 

リンゴは、生で食べるのはもちろんおいしいのですが、煮たり焼いたりしたリンゴのおいしさも格別ですよね。

 

甘煮の作り方はとても簡単。リンゴに砂糖を加えて煮ればOK。砂糖の量はお好みで調整してもよいでしょう。

 

リンゴの甘煮

 

リンゴの甘煮

 

【材料(作りやすい分量)】

リンゴ……500g
グラニュー糖…200g

 

【作り方】

① リンゴは、縦八等分に切って皮と芯を取り除き、厚さ5mmくらいのいちょう切りにして鍋に入れる。

② ①にグラニュー糖を加えて、リンゴによくまぶし、しばらく置いておく(水は加えない)。

リンゴの甘煮

③ ②の水分が出てきたら中火にかけて、木べらで混ぜながら煮る。

③ 少し汁気が残っているくらいで火を止める(冷めると汁気はなくなる)。

 

 

私はたくさん作って、冷凍保存しています。

 

トーストに塗ってもよいし、ヨーグルトのトッピングにもいいですね。

また、八分立てに泡立てた生クリームと混ぜ合わせて冷凍すれば、リンゴのアイスクリームが簡単にできますよ!

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第93回/柿の鮮やかな色を楽しむオードブル

次の記事>

次の記事>
第95回/辛さ控えめ! わさびの爽やかな風味を楽しむ「おにぎり」

この連載の最新記事

【広島発】広島県産の春牡蠣を贅沢に使用した、旨味たっぷり「広島オイスター」

第108回/【広島発】広島県産の春牡蠣を贅沢に使用した、旨味たっぷり「広島オイスター」

【銚子発】土づくりからこだわり丁寧に育てた、栄養たっぷりキャベツ

第107回/【銚子発】土づくりからこだわり丁寧に育てた、栄養たっぷりキャベツ

【富山発】名物、昆布締め。昔ながらの知恵で魚、野菜、きのこをおいしく食す

第106回/【富山発】名物、昆布締め。昔ながらの知恵で魚、野菜、きのこをおいしく食す

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル