HAPPY PLUS
https://ourage.jp/food/more/337461/

ほくほくの里いもをおしゃれにおいしく!簡単レシピ3

杉本佳子

杉本佳子

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
1988年よりニューヨーク在住。1989年よりファッションジャーナリストとしてファッション、ファッションビジネス、小売りビジネスについて執筆。2013年より美容食研究家としても活動し始め、ブログ「YOSHIKOlicious Beauty」とインスタグラムを通じて、美肌効果の高い食材をなるべく使い、美味しくて見た目がお洒落な料理紹介している。見た目がきれいだと気分が上がり、食べて美味しいので嬉しくなり、美容と健康にいいのでさらにハッピーになる「3回ハッピーになる料理」がモットー。ファーマーズマーケットなどで買う生命力のあるオーガニックの食材をなるべく使う。食材の意外な組み合わせでも定評がある。

月1回、オンラインのクッキングクラスを開催中。日本からでも参加しやすい時間帯に日本語で行われている。詳細お問い合わせや、参加希望は下記メールまでご連絡を!

yoshiko@yoshikoliciousbeauty.com

 

OurAgeインタビュー「1年半で11kgの減量に成功したビューティメソッドを考案」はこちら

記事一覧を見る

煮っころがし以外にもアレンジ自在!ユニーク里いもレシピ

 

寒くなってくると食べたくなるもののひとつに、里いもがあります。ニューヨークでは、チャイナタウンでよく売っています。値段も手ごろ!味も素朴で庶民的ですよね。

 

里いもは独特のぬめりが特徴ですが、そのぬめりは血圧を下げ血中のコレステロールを取り除く効果があるそうです。むくみ予防につながるカリウム、便秘を防ぐ食物繊維も豊富に含んでいます。

ニューヨークで売られている里芋

お財布に優しい値段がうれしい秋冬の味覚!

 

里いもといえば、「里いもの煮っころがし」がまず浮かびます。アワエイジ世代にはお腹も心もほっとする味ですが、醤油と酒、砂糖、またはみりんで味付けした煮っころがしですと、欧米人やこちらで生まれ育った子供たちの箸は今一つ進まない気がします。じゃがいもばかりでは飽きてしまうので、里いもの登板を増やしたいところ!そこで、思い切って今まで合わせたことのない食材や調味料を合わせてみました!そうしたら、思いがけずおいしくてビックリ!そんな新発見の3品をご紹介しますね。

 

こちらは、ちょっとユーモラスな遊びを入れた「里いもの目玉焼き風」

里いもは皮をむいて一口大に切って茹でます。塩を少し入れた水に入れて沸騰してきたら1~2分そのまま茹でて火を止め、蓋をしたまま3分くらい放置します。

竹串をさして柔らかくなっているか確認し、茹でこぼします。

それをマッシュして、塩胡椒、刻んだローズマリーを加えて混ぜました。広げて直径5cmくらいの円をつくったら、中央にくぼみをつくりましょう。それをオリーブオイルを入れて熱したフライパンに並べます。底に焦げ目がついてきたら、中央にウズラの卵を割り入れます。あとは蓋をして、好みの半熟加減になったらできあがり。

 

お皿に盛り付けてから、黒胡椒を少し振りかけました。

里いもが白っぽいので、なんとなく目玉焼きのように見えませんか?

そして食べてみたら、これがなかなかおいしくて!とろっとしたウズラの卵、そしてローズマリーが意外に里いもにあうと実感しました!

杉本さん連載_里芋の目玉焼き風

トロトロの半熟ウズラの黄身をつけながら食べるのがおすすめです!

 

次は、里いもをスライスして焼いたもので、カレー味にしてみました。

里いもは皮をむいて、2~3mmの厚さにスライスします。

さっと茹でてから、オリーブオイルをしいて熱したフライパンで、こんがり焦げ目がつくくらい焼きます。そこにカレー粉を入れたマヨネーズを投入。

里いも2つに対してマヨネーズ大さじ1弱、カレー粉は小さじ3分の1くらいを目安にしてください。カレー粉入りマヨネーズを全体にからめてできあがり。

里いもとカレー粉も合いますね!ワインのお供にも、おやつにもイケます!

 

杉本さん連載_カレー風味の里芋

できたての温かいのを是非お試しくださいね!

 

里いもとケチャップも今まで合わせたことがなかったのですが
やってみたら意外においしくて、あっという間に完食!

一口大に切った里いもを茹でるところまでは、目玉焼き風と同じです。

その間、ソーセージを里いもと同じような大きさに切っておきます。量は、里いもと同じくらいかやや少なめがいいでしょう。

フライパンにオリーブオイルを熱し、里いもとソーセージを炒めます。塩胡椒とケチャップを加え、全体にケチャップがからまってから、最後に刻んだローズマリーを少し加えました。ローズマリーでなくてもパセリでもいいと思いますし、なしでもいいと思います。

ビールやワインが進みそうな1品になりました。

杉本さん連載_里芋とソーセージのケチャップ炒め

お弁当のおかずにも合いそうです

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

<前の記事

<前の記事
第76回/マーケットで大量購入したローズマリーを3つの大人レシピに!

次の記事>

次の記事>
第78回/旅行先のドイツで覚醒!マスタードを効かせたおいしくて簡単な3品

この連載の最新記事

残ったポテトサラダもこんなにおしゃれに!リメイク4スタイル

第81回/残ったポテトサラダもこんなにおしゃれに!リメイク4スタイル

女性にうれしい食材・デーツ、意外と料理に向いています!

第80回/女性にうれしい食材・デーツ、意外と料理に向いています!

華やかな料理にアクセントを! 黒オリーブを使ったシーズナルレシピ3

第79回/華やかな料理にアクセントを! 黒オリーブを使ったシーズナルレシピ3

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル