HAPPY PLUS
https://ourage.jp/healthy_gohan/12790/

えのきでつくる肉みそ風

えのきでつくる肉みそ風

 

こんにちは! 野菜料理家の庄司いずみです。

梅雨時で雨が降ったり、晴れていても湿気が多かったりとうっとうしい季節。食欲が落ちてくることもありがちですが、これから夏に向かって体力も心配です。

となると……。「栄養価の高い肉やうなぎがよさそう」と思いがちですが、実はこれはちょっと違うのです。

 

体が疲れ気味のときは消化力も落ちています。そんなところに、消化に時間のかかる肉料理やこってりした料理を食べると、消化するのにエネルギーをとられてしまいます。すると、スタミナ食を食べたはずなのにかえって疲労が残ってしまったり、消化力が落ちているところにこってりしたものを食べたせいで、消化不良で苦しむこともありがちです。

夏ばてが心配なこれからの季節こそ、消化にやさしい野菜中心の献立がおすすめ。野菜には汗で失われてしまうビタミンやミネラルも豊富だし、ビタミンCやフィトケミカルの力で紫外線による肌老化を守ってくれるのも助かります。

 

さて、野菜をモリモリ食べたいこんな季節にピッタリの常備菜をひとつご紹介しましょうね。

それは、えのきでつくる肉みそ風のおそうざい。

鶏肉や豚肉など、挽肉をみそ味で炒めた肉みそは、ごはんや麺にちょんとのせてよし、冷や奴や豆腐ステーキなどにのせてもおいしい。レタスやキャベツで包んだり、野菜炒めの味付けに使うなど、ストックしておくと重宝しますが、その肉みそを肉ではなくてえのきだけで作るのです。

えのき

肉がわりとなるのがこちらのえのきだけ。石突きを落としたらみじん切りにします。これを挽肉がわりにするわけです。今回は肉みそ風にしますが、餃子に入れたりミートソース風に使ってもとってもおいしい。うまみもあるし、加熱をするととろりとするので、肉とは違うジューシーさが魅力です。 えのき炒め

刻みねぎとおろしにんにくとともに炒め、味噌と辣油で味をつけるだけ。お好みでたっぷり生姜を入れてもいいですね。

えのきの肉味噌炒め

これをたくさん作っておいて、ありもの野菜と一緒に盛り合わせ、包んで食べるとおいしいですし、野菜がモリモリ食べられるから助かります。

あれば糸唐辛子を添えて一緒に巻くと、ピリリとした刺激で食が進みます。

えのきの肉みそ風、とってもカンタン。熱々でもおいしいですし、冷蔵庫で4~5日保存も可能。冷たいままやっこに載せてもおいいいですよ。レシピもご紹介するのでぜひ試してみてくださいね。

 

 

えのきの肉みそ風

材料:作りやすい量

a えのきだけ 大1パック(200g・石突きを落としてみじん切り)

a 長ねぎ 1/2本(小口切り)

a おろしにんにく 少々

ごま油

みそ 大さじ2

ラー油 適量

 

 ごま油を熱してaを炒める。

 えのきとねぎがしんなりしてきたらみそとラー油を加え、

全体を馴染ませながら炒め、えのきから出た水分が飛んだら火を止める。

 

庄司いずみ

公式アメブロ http://ameblo.jp/izumimirun/

Facebook  http://facebook.com/izumimirun

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第7回/痩せたいときの賢い野菜の食べかたは?

次の記事>

次の記事>
第9回/塩の話

この連載の最新記事

パーティーや年末年始に! 野菜のおすしはいかがでしょうか

第52回/パーティーや年末年始に! 野菜のおすしはいかがでしょうか

ベジタリアンのチーズやバター、生クリームたっぷりのお菓子などの話

第51回/ベジタリアンのチーズやバター、生クリームたっぷりのお菓子などの話

京都ヴィーガン事情

第50回/京都ヴィーガン事情

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル