HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/25404/

「冷え」知らずの健康ライフ:kyo先生の冷えとりメソッド①

最近、からだが歪んでるんじゃないかな、と気になっているミーナです。骨盤の歪みをと整えると、冷えをはじめとする様々な不調に対処できるそう。まずは腹式呼吸から始めてみようかしら。

 

 

ファッション、エクササイズ、毎日の養生…

 10人の「冷えとり」、パーフェクトリスト

 

 

女性の大敵、万病のもとといわれる「冷え」ですが、その場しのぎの対策で終わっている人も多いのでは!?

 

ここでは、冷えの改善に真剣に立ち向かう10人のアプローチをご紹介していきます。

 

 

それぞれのみなさんの「冷えとり」の方法を参考に、冷え知らずの健康ライフをぜひ手に入れてください!

 

 

 

今回は、10人のうちの2人め、スタジオ・ヨギーのディレクターのkyo先生による「冷え」の原因についてのお話と、4つあるうちの2つの冷えとりメソッドをご紹介します。

 

 

 

 

 

kyo先生に習う、「冷え改善」プログラム

 

 

骨盤を中心に全身を整えることで、その人が持つ本来の美しさを引き出すと評判のkyo先生が、冷えとりメソッドを伝授。

 

女性の健康を司る骨盤の歪みを改善し、骨盤内の子宮、腸、膀胱の位置を正すことで、冷えない女を目指します!

 

 

 

 

 

kyoさん

_S1J5812_Web用

profile

1962年生まれ。全国で18店舗展開する「スタジオ・ヨギー」エグゼクティブ・ディレクター。機能改善、プロポーションメイキングなどを組み合わせたボディワーク「ビューティ・ペルヴィス」を考案。担当するクラスは、キャンセル待ちが続出するほどの人気を誇る

 

 

 

 

骨盤の歪みを改善し
子宮を正しい位置に保つ

 

 

「冷えの原因のひとつは老廃物の滞り。その老廃物の排泄器官である腸や膀胱は、女性のすべての健康の根源といわれる骨盤内にあり、その中心に位置する子宮が大きな影響力を持っています。骨盤が歪んで子宮の位置がずれると、すべての機能が乱れ、冷えの要因に。つまり、冷えを改善するには、骨盤内の子宮、腸、膀胱の位置を正しく整え、保つことが大切です」

 

と話すのは、骨盤を中心に全身を整えていくオリジナルメソッド「ビューティ・ペルヴィス」の考案者、kyoさん。

 

仰向けで行う腹式呼吸では、下に押しつけられている内臓を重力から解放。深い腹式呼吸による腹内の動きで、内臓を正しい位置に収めます。コツはもう吸えない、吐けないというところまで行うこと。横隔膜が大きく上下に動き、これが筋力アップにもつながります。

 

 

「座って足首を動かすメソッドも、地味ですが、骨盤の歪み改善に効果的。また、筋膜にアプローチするストレッチも、簡単なのに、本来あるべき位置に筋肉などを戻し、流れをスムーズにする効果は絶大。更年期世代になると骨盤の動きが小さくなるため、ぜひ取り入れていただきたいメソッドです」

 

 

 

 

 

■腹式呼吸で、内臓の位置を調整

 

深い腹式呼吸をすることで、骨盤内の内臓の位置を整えます。鼻呼吸が基本。

 

 

1.仰向けに寝たら、腰の幅で脚を開いて膝を立てます。腕は若干開き、手のひらは上に向けて

_S1J5712_Web用

 

 

2.ゆっくりと息を吸います。できるだけお腹をふくらまし、内臓が入るスペースを大きく確保

_S1J5714_Web用

 

 

3.もう吐けないという限界まで息を吐ききります。横隔膜が10㎝くらい上下し、代謝もアップ

_S1J5716_Web用

 

 

 

 

■足指を開いて、足の冷えを解消

 

右足なら肝臓、左足なら腎臓が原因といわれる足の冷え。詰まりをほぐします。

 

 

1.足の中指と薬指の間が詰まっていると冷えが進行。両手で持ち、左右に開きます

_S1J5720_Web用

 

 

2.水かき部分をギュッと押したら、中指と薬指につながる骨の間も開いて、流れをスムーズに

_S1J5722_Web用

 

 

 

 

次回は、kyo先生に習う残り2つの冷えとりメソッドをご紹介します。

 

 

 

撮影/田淵佳恵 ヘア&メイク/菅長ふみ(ロライマ) 取材・原文/蕨 康子

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第7回/「冷え」知らずの健康ライフ:鈴木えりこさんの冷えとり生活②

次の記事>

次の記事>
第9回/「冷え」知らずの健康ライフ:kyo先生の冷えとりメソッド②

この連載の最新記事

8賢人の「冷え」ない快適ライフ:⑧中川ちえさん【代謝を上げて冷え対策】

第17回/8賢人の「冷え」ない快適ライフ:⑧中川ちえさん【代謝を上げて冷え対策】

8賢人の「冷え」ない快適ライフ:⑦庄司いずみさん【しょうが料理】

第16回/8賢人の「冷え」ない快適ライフ:⑦庄司いずみさん【しょうが料理】

8賢人の「冷え」ない快適ライフ:⑥勝田小百合さん【酵素生活と冷え予防】

第15回/8賢人の「冷え」ない快適ライフ:⑥勝田小百合さん【酵素生活と冷え予防】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル