HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/40374/

先輩から学ぶ「美骨の秘訣」/前田美波里さん

ミーナ

ミーナ

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

記事一覧を見る

近頃、ぐっと「歳」を感じるミーナです。体の根本、骨まわりから弱ってきているのかも?いつまでも若々しく輝いている先輩女性達を見るにつけ、何とかしなきゃとため息が出るばかり。まずは、素敵な先輩達の美骨の秘訣を教えてもらい、取り入れらるところから始めるとしますか。

 

 

年齢を重ねて、ますます姿勢よく、はつらつと!

 

先輩に教えてもらう!
美骨の秘訣

 

 

体を支える骨の健康は、女性ホルモンが減少するOurAge世代から急速に変化します。それを乗り越えて、しなやかに若々しい体を維持している3人の先輩にその秘訣を伺いました。

 

まさにOurAge世代からの日々のエクササイズと食事法がキーポイント!

 

 

今回は、はつらつ骨美人を実現している前田美波里さんの「美骨の秘訣」をご紹介します。

 

エゴスキューエクササイズで自己整体に成功!

 

今までの〝やりすぎ〞をやめて、無理なく、効果抜群の自己整体で理想の体を実現!

 

 

前田美波里さん Bibari Maeda

ワンピース¥193,000/アクアモーレ(トマソ ステファネリ) ピアス¥36,000/Perlagione サンダル¥65,000(参考色)/ブルーノマリ ジャパン(ブルーノマリ)

ワンピース¥193,000/アクアモーレ(トマソ ステファネリ) ピアス¥36,000/Perlagione サンダル¥65,000(参考色)/ブルーノマリ ジャパン(ブルーノマリ)

 

 

 

キレのあるダンスは
しなやかな体があってこそ

 

バレエをはじめ、さまざまなダンスで鍛え上げた体。さらに改めて骨格を整えたことで、いい筋肉がついてますます元気に。肩の力を抜いたら、仕事もプライベートも大充実。「今が楽しくてしょうがない!」という66歳です

 

 

 

 

肩の力を抜いたら今がとても充実!

 

 

スタジオに現れた前田さんは、ツヤツヤの素顔に、しなやかでスリムなボディ。とても御年66歳とは思えない若々しさ。つねに舞台の第一線で活躍するトップ女優の輝きに満ちています。

 

「舞台は横や後ろ姿、あらゆる角度から見られます。演出家の要求に応えつつ、どこから見られても絵になり、存在感のある体であること。なおかつ、やり直しが利かないため、体づくり、万全な健康管理をしておく必要があります」(前田さん)

 

仕事を完璧にこなすため、前田さんの生活は、十分な睡眠をとり、早寝早起きの規則正しい生活を実践。仕事の日には、3〜4時間前には起きて体を動かし、発声練習を。これに加え、バレエをはじめ、タップ、ジャズダンス、アルゼンチンタンゴと、今までさまざまなダンスに携わり、実にストイックに体を鍛え上げてきました。

MyAge_005_044-02_Web用

 

 

 

「ただ、40〜50代には、バレエを少しばかり頑張りすぎてしまい、足首や股関節などを痛めてしまいました。そんなときに出会ったのが、エゴスキューというエクササイズです」

 

エゴスキューとは、アメリカのピート・エゴスキュー氏が自らのケガのリハビリを通して体系化したもの。誰でもできる簡単なポーズや動きを行うことで、骨格矯正や痛みの改善に役立つと、今大注目のメソッドです。

 

「骨をあるべき正しい位置に戻し、正しい筋肉をつけていくので、一般人からダンサーやアスリートまで、体のメンテナンスに最適です」

 

エゴスキューのエクササイズは、シンプルな動きの中に体の矯正効果がたっぷり。個々の体に合わせて、その人に必要なプログラムを組んでくれます。「エゴスキュー」 http://egoscuejapan.com/

エゴスキューのエクササイズは、シンプルな動きの中に体の矯正効果がたっぷり。個々の体に合わせて、その人に必要なプログラムを組んでくれます。「エゴスキュー」 http://egoscuejapan.com/

 

 

 

例えば、壁に背中をつけて、両手を左右に肩の高さに上げ、下半身はそのまま、上半身だけをやじろべえのように、左右に傾けます。シンプルな動きながら、体を本来あるべき形に整えてくれる効果抜群。実に多彩なエクササイズがそろっていて、その人に合わせたプログラムが組まれます。

 

「私は自分用のプログラムを毎日実行したところ、痛めた体はみるみる回復。適度な筋肉がついて、以前よりも体調は万全です」

 

 

アワエイジ世代になると運動不足もダメですが、やりすぎも問題のよう。
「その反省もあり、60歳を過ぎた頃から、いい意味で肩の力が抜けました。そうしたら、ますます演じることが楽しくて、自由にのびのびと仕事に向き合えるようになり、今がとても充実しています。生活自体も、必要なもの、必要でないものを見極めて、どんどんシンプルになっています」

 

家事を自分でこなし、食事も野菜中心の素材を生かした料理を自分で作る。運転手付きの車をやめ、できるだけ歩き、スキンケアも基本的には保湿ローションにオイルというナチュラルケア。

 

「体の細胞は日々、修復され生まれ変わっています。食事を含め、日々の生活が必ず体に表れるはず。だらしない生活をしていると、舞台を観にきてくださっているお客さまが見抜きます」
人に見られる、体が資本の仕事とはいえ、このプロ意識には脱帽。

 

 

「今後もできる限り、この仕事を続けていきたいと思っています。目指したいのは、白髪にスッピンで、赤い口紅をキリリとつけた、颯爽としたおばあちゃんです」

 

いつまでも現役! それに向けて日々努力をすることが、ロコモにならず、はつらつとした骨美人になる大きな秘訣のようです。

MyAge_005_044-03_Web用

MyAge_005_044-04_Web用

 

 

 

 

シンプルなスキンケアで
素肌もツヤツヤ!

 

保湿ローションとスキンオイルのシンプルケアでツヤ肌に。エゴスキューのエクササイズで、二の腕に程よい筋肉がつき、ノースリーブの服も着こなせるように

 

MyAge_005_045-01_Web用

 

profile

1948年生まれ。’63年に東宝ミュージカル『ノーストリングス』で舞台デビュー。’66年には資生堂のサマー化粧品のキャンペーンガールとして大人気に。その後、舞台を中心に映画やテレビドラマ、バラエティでも活躍。2015年2月3日~3月31日帝国劇場にて舞台『Endless SHOCK』に出演

 

 

 

 

 

次回は、生活に食事や運動を上手に組み込み、しなやかボディを維持している安藤和津さんの骨美人の秘訣をご紹介します。

 

 

 

撮影/杉山雅史(C-LOVe) ヘア&メイク/矢野トシコ(SASHU)

スタイリスト/松田綾子(オフィス・ドゥーエ) 取材・原文/山村浩子

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第6回/今、知っておきたい骨のこと/「骨粗しょう症にならない生活習慣:薬物療法」

次の記事>

次の記事>
第8回/しなやかに若々しい体を維持する「美骨の秘訣」/安藤和津さん

この連載の最新記事

寝ている間に骨美人に!厳選ブランドの「マットレス研究」⑥【& Free】

第40回/寝ている間に骨美人に!厳選ブランドの「マットレス研究」⑥【& Free】

寝ている間に骨美人に!厳選ブランドの「マットレス研究」⑤【smart sleep】

第39回/寝ている間に骨美人に!厳選ブランドの「マットレス研究」⑤【smart sleep】

寝ている間に骨美人に!厳選ブランドの「マットレス研究」④【Dormeo】

第38回/寝ている間に骨美人に!厳選ブランドの「マットレス研究」④【Dormeo】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル