HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/exercise-stretch/337813/

垂れ尻は、お尻まわりの「さぼり筋」が原因! カリスマトレーナーKAORU式「ゆる筋トレ」で、今すぐ丸みを復活させて!

40代、50代になると気になる、どんどん垂れていくお尻。太ももとの境目がない扁平尻の人、多いのでは? 垂れ尻、扁平尻の大きな原因は、使われず衰えているお尻まわりの「さぼり筋」。「ほぐす」「伸ばす」「強化する」の3ステップで、キュッと上がった丸みのあるお尻にリセットする方法を人気トレーナーKAORUさんに教わりました

大殿筋とハムストリングスの衰えが、垂れた扁平尻の原因!

 

連載の第1回で、体には、使いすぎている「りきみ筋」と、使われず衰えている「さぼり筋」があるというお話をしましたが、垂れ尻の原因には、お尻まわりの「さぼり筋」が関係しているとか。

 

「お尻の筋肉=大殿筋は脚を後ろに動かすときに使われるのでもともと使われにくいのですが、それに加えて、デスクワークなどで長く座りっ放しでいると、ますます大殿筋は硬くなっていきます。

また、骨盤を後ろに倒して座る癖がある人は多いと思いますが、これだとお尻を下から支える裏ももの筋肉=ハムストリングスが使われず、衰えていきます。つまり、お尻の大殿筋と裏もものハムストリングスは『さぼり筋』。この『さぼり筋』によって、お尻がどんどん垂れていき、太ももとの境目のない扁平な垂れ尻になってしまうのです」(KAORUさん)

 

では、美尻にリセットするには?

 

大殿筋ハムストリングスは、『さぼり筋』でありながら使われずに硬くなっているので、まずは大殿筋〜ハムストリングスをボールを使ってよくほぐしてから、ストレッチをして伸ばします。そのうえで大殿筋を強化します。この3ステップを続ければ、キュッと上がった立体的で丸みのあるお尻に生まれ変わります」

 

 

以下が、おすすめ「ゆる筋トレ」3STEP。毎日続けてみて。

 

STEP1「ほぐす」
大殿筋とハムストリングスをほぐす

① 両膝を立てて床に座り、テニスボールなど硬めのボールを左のお尻に当てます。腰骨の少し下の仙骨(お尻の中央にある逆三角形の骨)の横あたりにボールがくるように当てましょう。

 

②両手を後ろについて体を支え、左脚の膝は曲げて外に開き、右ひざは立てます。当てたボールを上下に転がすようにしてお尻を刺激し、5~10往復します。終わったら右側も同様に。

 

③ 次に、ボールを当てた側のひじから下を床に置き、体を縦に動かしてボールでお尻を刺激します。ボールの位置を少しずつ上に移動させ、臀部を下から上に3カ所に分け、1カ所5〜10往復ずつ行って。終わったら反対側も同様に。

 

 

STEP2 「伸ばす」
大殿筋とハムストリングスのストレッチ


① あお向けに寝て両膝を立て、右足を左膝の上にのせて、右膝を外に開きます。両腕は体の横に置きます。

 

② 両手を左の太ももの裏に回して組み、そのまま手前に引き寄せます。このとき右のお尻〜裏ももが伸びるのを感じながら10秒キープ。これを1〜2回。反対側も同様に。

 

 

股関節が硬くて手前に引き寄せられない人は…

手でなくタオルを太ももの裏に回して、手前に引き寄せましょう。この方法ならやりやすいはず。できるようになったら②の方法で行いましょう。

 

 

STEP3 強化する
大殿筋とハムストリングスのトレーニング

① あお向けに寝て両膝を閉じて立て、左右の足をこぶしひとつ分ほど開きます。タオルを太ももの裏にかけて両手で持ちます。

 


② タオルを持ったまま、お尻をキュッと内側に締め、かかとでしっかりと床を押してお尻を引き上げ、胸から膝までを斜め一直線にして5秒キープ。これを3〜5回。このとき、タオルを持った手を内側に少しひねると膝が外に開かないので◎。

 

 

コツコツと続けて、丸みのある美尻を取り戻してくださいね。

 

 

【教えていただいた方】

KAORU
KAORUさん
パーソナルトレーナー、姿勢アナリスト
公式サイトを見る
Instagram Instagram

Apro ACADEMY・STUDIO Apro主宰。指導歴40年。61歳。 “姿勢で人生を変える”をテーマに指導を行う。姿勢に関する分析をホリスティックに行う独自のメソッドは、多くのファッション誌・フィットネス情報誌で紹介されている。自身、還暦とは思えないウェルネスな姿勢美は、まさに日々のエクササイズの賜物。近年、スタジオワークのかたわら、後進の指導や著作活動、オンライングループレッスンやイベントを通して、多くの人たちにそのメソッドを発信中。著書に『テニスボールダイエット』(幻冬舎)、『自分で整体ストラップ』(講談社)、『テニスボールでほぐす!のばす!やせる!』(扶桑社)などがある。

記事一覧を見る
※11月11日(土)に姿勢アナリスト®️資格取得講座【BASIC】が開催されます。
パーソナルトレーニングの予約困難なKAORUさんに、直接教わるチャンスです!

 

 

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/田代ゆかり(Happ’s) 取材・文/和田美穂

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

<前の記事

<前の記事
第4回/【カリスマトレーナー直伝】太ももを引き締めるには、内ももと股関節の使われていない…

次の記事>

次の記事>
第6回/ぽっこりお腹も尿もれも、内転筋の衰えから始まる! さぼっている内転筋を強化する筋…

この連載の最新記事

顔のたるみ解消! 背中の「さぼり筋」を目覚めさせて引き上げる【カリスマトレーナー直伝テクニック】

第12回/顔のたるみ解消! 背中の「さぼり筋」を目覚めさせて引き上げる【カリスマトレーナー直伝テクニック】

スラリとした美脚&脚長見えには、サボっている腸腰筋を鍛えるべし! カリスマトレーナー直伝テクニック

第11回/スラリとした美脚&脚長見えには、サボっている腸腰筋を鍛えるべし! カリスマトレーナー直伝テクニック

二の腕の振り袖肉を解消して細くする方法は「前肩」と「縮んだ腕を伸ばす」ことから始めよう! カリスマトレーナー直伝テクニック

第10回/二の腕の振り袖肉を解消して細くする方法は「前肩」と「縮んだ腕を伸ばす」ことから始めよう! カリスマトレーナー直伝テクニック

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル