HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/about-menopause-period/344887/

【更年期】HRT(ホルモン補充療法)の開始・終了のタイミングは? 受けられない人もいる?

更年期症状を軽減する対策として、医師から勧められることの多いHRT(ホルモン補充療法)。実際に始めるのと、終了するのは、どんな時期がいいのでしょうか。産婦人科医の小川真里子先生に聞きました。

Q. HRT(ホルモン補充療法)を始めるタイミング終えるタイミングはある?

A. 始めるのは閉経前~閉経後10年が目安

 

「閉経していなくても、月経周期が不規則になっていて、更年期症状があり、卵巣の働きが低下していると考えられれば始めることができます。ベストタイミングは閉経前から閉経後早期。一般的には閉経後5年以内に始めることが推奨されています。60歳以上や閉経後10年以上たってから始めると、狭心症や心筋梗塞のリスクが上がるといわれていますが、事前の検査などで、問題ないと医師が判断すれば行えることも。ただし、60歳以上の保険適用は病院の判断によります。

 

◆HRT(ホルモン補充療法)を始めるタイミング

HRTを始めるタイミング/図

女性ホルモンの減少による不調があれば、閉経前でも開始できます

できれば、閉経後5年以内に始めるのが理想

事前の検査などにより、医師の判断で始めることも可能です

 

ベストなタイミングはありますが、上記以外にも、40歳未満で閉経した人や卵巣を摘出した人も受けることができます

 

一方、やめる時期はつらい症状が緩和されたタイミングでもいいし、ずっと続けることも、いったん中止してまた再開することもできます。その場合は医師と相談しながら行うことが大切です。以前は乳がん発生リスクが高まるとして、継続は5年未満を目安にするケースがありましたが、日本女性医学学会の最新のガイドラインでは投与期間の制限はありません」

 

Q. HRT(ホルモン補充療法)ができない人もいる?

A. 昔NGと言われていた子宮筋腫の人も可能です

 

「行えないケースは乳がんの経験者や治療中、血栓症や動脈硬化がある、重い肝臓病の人などです。子宮筋腫は『慎重投与』に入り、大きくならないかを確認しながら行います。大きくなるようなら、投薬方法を検討し直したり、漢方薬に切り替えるなどして対応します。HRT(ホルモン補充療法)を始める前には、さまざまな検査をして問題がないかを判断します」。

 

その検査は月経の状態、過去の既往歴(問診)などに加え、ホルモン値、内診、乳がん・子宮がん・卵巣がんの検査、中性脂肪や肝機能、血圧、必要に応じ骨密度の検査などを行います。

 

HRT(ホルモン補充療法)を受けられないケース

  • ・乳がん
  • ・肝障害、腎障害
  • ・原因不明の不正出血
  • ・妊娠の可能性
  • ・血栓症疾患、動脈硬化

 

注意が必要なケース

  • ・子宮内膜症
  • ・子宮筋腫
  • ・肥満
  • ・高血圧、糖尿病

 

Q. プラセンタ注射も更年期治療に効きますか?

A. 更年期症状の軽減を感じる人もいます

 

「プラセンタは胎盤のことで、美容用のプラセンタの材料は馬や豚の胎盤が一般的なのに対し、医療用はヒトの胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスが主成分です。厚生労働省が認可しているのは2種類の注射剤のみ。

 

メルスモンは更年期治療で保険がきき、もうひとつのラエンネックは慢性肝疾患における肝機能の改善に認可されているもので、更年期症状では保険対象外になります。女性ホルモンが補充されるわけではないのでHRT(ホルモン補充療法)の代替にはなりませんが、症状を軽減する効果を実感する人も多いです。

 

HRT(ホルモン補充療法)が行えないケースでも受けられることが大きなメリットですが、投与すると献血はできません。また、他の方法として、保険はききませんが、エストロゲンと似た働きをするといわれるエクオール配合のサプリメントも人気があります」(小川真里子先生)

 

小川真里子
小川真里子さん
産婦人科医、医学博士
公式サイトを見る

東京歯科大学市川総合病院産婦人科 准教授。日本産科婦人科学会・日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医・指導医。専門は更年期医療学、女性心理医学、女性ヘルスケア。相談やカウンセリングを中心としたケアサポートとともに、最新のテクロノジーや視点を取り入れて、更年期を取り巻く環境や文化を積極的にアップデート

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

PR
<前の記事

<前の記事
第23回/【更年期の手指の痛みとこわばり】整形外科で「年のせい」と言われたらエクオールのサ…

次の記事>

次の記事>
第25回/あなたも更年期のメンタル不調に?「引き金になりがちな出来事」と「起こりやすい症状…

この連載の最新記事

更年期の女性が受けたほうがいい検診、気を付けたほうがいい疾患とは

第42回/更年期の女性が受けたほうがいい検診、気を付けたほうがいい疾患とは

骨密度が低いと血管や内臓にまで悪影響が? 生活習慣病、特に気をつけたいのは糖尿病!

第41回/骨密度が低いと血管や内臓にまで悪影響が? 生活習慣病、特に気をつけたいのは糖尿病!

【更年期の不眠悩み】更年期には女性ホルモンだけでなく睡眠ホルモン(メラトニン)も減少することを知っていますか?

第40回/【更年期の不眠悩み】更年期には女性ホルモンだけでなく睡眠ホルモン(メラトニン)も減少することを知っていますか?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル