HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/more/314335/

子宮筋腫の手術で子宮全摘出する意外なメリットとは?「HRT(ホルモン補充療法)を安心して受けたいから取る」という選択

現在、40~50代の半数以上が子宮筋腫を抱えているといわれています。今後の出産を希望しない更年期世代が悩むのが、子宮筋腫の手術で、子宮全摘出を選択するかどうか。「HRT(ホルモン補充療法)を安心して受けたいから、子宮をとる」という選択肢について、HRTのメリットとともに考えます。

子宮全摘出の意外なメリット
安心してHRT(ホルモン補充療法)が受けられること

そもそもHRT(ホルモン補充療法)とは?

女性ホルモン(エストロゲン)を薬で補う治療のこと。物理的にホルモンを増やし、不調の改善のほか髪や肌が潤うなど美容効果も。若い頃の量に増やすわけではなく、必要最小限の量で、閉経直前の状態に戻すイメージです。

ホルモン補充療法とは?

更年期にはホルモンが急降下するのが不調の原因。ほんの少し緩やかなカーブにし、ホルモンが少ない状態に慣らしてくれるのがHRTです。

 

HRTで改善される症状見込まれるメリット

ホットフラッシュなど、明らかにエストロゲンの減少による症状はHRTの得意とするところ。メンタル的な不調にはダイレクトに効きにくく、漢方を併用することも。

<報告されているHRTによる改善症状>

  • ・ホットフラッシュ、のぼせ、ほてり、多汗
  • ・だるさ、疲労感、倦怠感
  • ・手指のこわばりや関節痛
  • ・睡眠障害(不眠、眠りが浅いなど)
  • ・イライラやうつなどの精神症状
  • ・動悸、息苦しさ
  • ・尿もれ、頻尿
  • ・腟の乾燥感、腟炎、かゆみなどの不快感、性交痛
  • ・皮膚の乾燥感、かゆみ
  • ・ドライマウス

<そのほかにHRTにより期待されるメリット>

  • ・骨粗しょう症の予防と改善
  • ・コレステロールのバランスを整える
  • ・動脈硬化予防
  • ・糖尿病の予防(血糖値改善)
  • ・血圧変動をさせない(高血圧予防)
  • ・膀胱炎・尿路感染症の予防
  • ・歯周病の予防と改善

 

子宮がない人は、黄体ホルモンも不要

エストロゲンを補うと子宮内膜が厚くなるため、子宮体がん(内膜がん)のリスクを回避するために黄体ホルモン(プロゲステロン)剤を一緒に使うのが一般的。子宮全摘すると、その心配がなくなり、エストロゲン剤だけの使用で大丈夫です。

 

HRTには健康保険が適用になり、薬代は意外に安価

更年期の症状なら健康保険内。診察料、必要な検査・検診料などを別にすると1カ月の薬代は¥1,000〜3,000ほど。ただ、アンチエイジングクリニックなどで美容目的でHRTを受ける場合は自費になり、薬代はまちまちです。

 

乳がんになりやすいというのは過去の噂だけだった!

20年ほど前、米国での偏った調査データを見た日本の新聞各紙が「HRTで乳がんが増える!」と大々的に報道したことがありました。それがきっかけで、日本は他の先進国に比べ、HRT実施率が極端に低くなったのです。その後、HRTよりも家族歴や出産経験がないなどのほうが、乳がんリスクが高いこともわかってきました。日本では2004〜05年に厚生労働省による調査が行われ、HRT経験者はHRT未経験者に比べ、乳がんになる可能性は半分以下という結果に! 自分の体のことは自分で判断するために、正しい知識を持つことが何より重要です。

 

HRTを実施している医療機関の目安

「女性医療」「更年期医療」に詳しい婦人科医であれば、HRTにも積極的なもの。HRTは問診やカウンセリングに時間がかかるので、消極的な医療機関が多いのも事実です。希望する人は、Webサイトなどで事前に確認を。

 

  • ・HRTについて親切に教えてくれる
  • ・「女性医療」「更年期外来」を掲げている
  • ・更年期医療関連学会や団体に所属している
  • ・カウンセリングに時間を割いてくれる

 

漢方薬と併用するのももはや一般的

HRTと漢方薬の併用はほとんどの医療機関で実施されていると言ってもいいほど。ふたつは作用の仕方がまったく異なるため、組み合わせの自由度が高く、漢方薬の選択肢も広いのです。更年期の漢方薬に詳しい医師なら、より安心。

 

 

【教えていただいた方】

明樂重夫(あきらしげお)
明樂重夫(あきらしげお)さん
明理会東京大和病院院長
公式サイトを見る

日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖医療指導医。日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医。女性医療や女性ヘルスケア領域の確立に尽力

 

構成・原文/蓮見則子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第21回/子宮筋腫の手術で子宮を全摘出した場合、更年期症状が出るの?/子宮全摘出の6つの疑…

次の記事>

次の記事>
第23回/子宮筋腫の初診の時にメモして持っていきたい6つのポイント

この連載の最新記事

【子宮筋腫の手術法】お腹を切る?切らない? 全摘する? 妊娠を望む? 自分にとっての最良なもの見つけてください

第27回/【子宮筋腫の手術法】お腹を切る?切らない? 全摘する? 妊娠を望む? 自分にとっての最良なもの見つけてください

子宮筋腫の治療選択は「卵巣の機能を長持ちさせる」ことを優先して/明樂重夫・産婦人科医

第26回/子宮筋腫の治療選択は「卵巣の機能を長持ちさせる」ことを優先して/明樂重夫・産婦人科医

子宮筋腫で理想の治療を受けるために知っておきたい「医師の選び方」と「セカンドオピニオンの受け方」ルール

第25回/子宮筋腫で理想の治療を受けるために知っておきたい「医師の選び方」と「セカンドオピニオンの受け方」ルール

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル