HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/consultation/312600/

ババア化する旦那。ジジイ化する私【50代読者のお悩み】

地曳いく子

地曳いく子

non-no、MORE、Oggi、eclatなど雑誌を始めとし、タレントの衣装も担当。イタくない大人のスタイリングを得意とし、テレビ、トークショーなどで活躍、キャリア30年のスタイリスト。大人のおしゃれを考え直す「50歳、おしゃれ元年。」(集英社)をはじめ、「服を買うなら、捨てなさい」(宝島社)、「ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t 」(集英社)など著書多数

記事一覧を見る

 

お悩み:その49

加齢とともに肩は大きくなり、顔はいかつくなり、見た目がどんどんジジイ化してきています。逆に旦那は昔は痩せていて男前だったのに、顔も身体も丸みを帯びてきてババア化してきています。どうすれば改善できるか、夫婦ともにアドバイスを聞きたいです。(55歳・自由業・千葉)

 

地曳さんのお答え

ふと鏡やガラスに映った自分を見てびっくりすること、私もあります(笑)

 

ただでさえ、顔や身体に貫禄がついているのに、女性ホルモンまで減ってきちゃって中性化が止まらない(笑)。

 

イラスト/松元まり子

イラスト/松元まり子

 

これはある程度は仕方ないのかもしれませんし、もちろんこのままナチュラルに生きるという選択肢もあります。ただ、もし自分を再起動させたいなら、“トキメキパワー”で身体の内側から刺激しましょう。

 

女性は“トキメキ”があると、脳からは快感を呼ぶドーパミンが分泌されるそうです。このドーパミンは女性ホルモン(エストロゲン)も活性化させると言われています。

 

“トキメキ“といえば、恋愛が一番に思い浮かびますが、共に中性化した旦那ともう一度恋に落ちるのは、ちょっとねぇ…(笑)。かといって、ほかの男に恋をするわけにもいかないし。

 

でも、日常の中に“トキメキ”はたくさんあります。たとえば、私が通っているジムで水泳を教えてくれるインストラクターのみなさん。男性も女性もギリシャ彫刻かというくらいに身体がお美しい! 会員の中でもそれぞれ“推し”のインストラクターがいるほどです。
私なんてジャクジーに浸かりながら、彼らをうっとり眺めて“トキメキパワー”を注入していますよ。もう見るだけで、まさに眼福です(笑)。

 

ほかにも、NetflixやHuluなどで“推し”を見つけて出演作を観まくったり、かわいいカフェに行って素敵なスタッフを眺めたり。“推し”は人間にかぎらず! 美しく素敵な植物を育てたり、自分がときめくものは全部“推し“と考えれば“トキメキ”は日常の中にいっぱいありますよね。積極的に“トキメキパワー”をチャージしよう!

 

そして、旦那さんにもジムに通ってもらっちゃいましょう、成人病の予防にもなりますし。ジム通いを始めた途端、筋トレの楽しさに目覚めて、筋骨隆々で逞しくなることだってあるかも?
ほかのお稽古ごとでもいいんです。
お稽古事の先生は常に生徒から見られているので、きれいな方が多い。それに自分も周りから見られるから“ちゃんとしよう”と思う。何か新しく始めてみる事ことが大事です。

 

次に、ファッション問題。

 

ユニクロでも(女性の場合はザラでも)いいから、頭からつま先まで今年のコーディネートを取り入れること。別にハイブランドでなくてもいい。お金をかけなくていいんです。
トレーナー1枚でも“今のもの”、“新しいもの”を着るが大切なんです。それは“今の気持ち”、“いつもと違う気持ち”を着るということ。

 

私と一緒にクロールを習っているダンディな先輩は、毎シーズン、新作1、2点をユニクロとかで買っているのですが、常に“新しい風”を取り込んでいるからいつも若々しく見えます。

 

女性の場合は、ヘアメイクでもかなり変身できますね。
かといって、若作りしようとして髪を真っ黒に染めると年不相応な印象になっちゃうからやめましょう。控えめなブラウンにして馴染ませたり、ショートカットでハイライトをメッシュを入れたりとちょっと攻めた感じにすると素敵です。
逆に男性はグレーヘアのままのほうがカッコよくて素敵です。
変に黒くして悪足掻きすると逆にカッコ悪くなっちゃう。

 

あとは、デパートの化粧品売り場に行ってファンデーションを新しくすること。スック(SUQQU)や、RUMIKOさんアンプリチュール(Amplitude)など、自分と同じくらいの年齢の人が作っているファンデーションを使うと、年齢特有のお悩みもカバーできるし、変に若作りした印象にもなりません。

 

綺麗になった自分を見ると「あら、私まだまだイケてる?」と思う。これが再起動です。そんなあなたを見た旦那さんも「可愛いじゃん、じゃあ俺も頑張ろう」となって相乗効果かも!?

 

たまには、夫婦で外で待ち合わせして、映画館デートをするのもいいと思います。六本木ヒルズやミッドタウン日比谷など派手めな場所にある映画館にすれば、ちょっと気持ちが上がる。おしゃれしようと思う。

 

あえて“今更”のことをやってみるというのもおすすめです。

 

 

あなたのお悩みを募集中!

お悩み投稿のルール

①メールの宛先:toko@shueisha.co.jp

②メールタイトル:【いく子さんの悩み相談】
※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・ペンネームのみ(本名は書かないでください)

④文字数の目安:200字程度

お悩み投稿の注意事項

以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

・投稿いただいた内容は、OurAgeの企画および、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

メールをお待ちしています!

 

・・・・information・・・・

●本連載が“いきなり文庫!”として書籍化! 絶賛発売中です!!

『ババア上等! 番外編 地曳いく子のお悩み相談室』(集英社文庫)

50代、何を着てもヘン。わけもなく夫にイライラ。ワクワクがない。将来が不安でたまらない――。
中高年女子に押し寄せる“お悩み”の数々。ネットで検索しても、友達に相談しても答えが見つからない。
でも大丈夫! おしゃれ、仕事、人生など、全国から寄せられたあらゆる問題をスタイリストが解決&爆笑に変える。
「悩めるBBAの駆け込み寺!? テンション爆上がりスポット」も紹介。コスパ最強の1冊!

 

●絶賛発売中!
『ババアに足りないのは愛!+60からのHappyおしゃれBOOK』(集英社)

 

地曳いく子さん×漫画家・槇村さとるさんの人気シリーズ第3弾がついに発売!
2人が次に目指すのは、愛にあふれたHappyなおしゃれ!
+60から着たいブランドや、この世代ならではの秘密の痩せテクを紹介。

 

●絶賛発売中!
『ババアはツラいよ! 55歳からの「人生エベレスト期」サバイバルBOOK』(集英社文庫)

 

 

シリーズ第2弾を文庫化!
何を着てもビミョー。身体はガタガタ。心は不安定。そんな「55歳問題」をスカッと解決! 文庫版オリジナルコンテンツも豊富です。


この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第40回/前頭部が薄くなって貧相な印象に…【50代読者のお悩み】

次の記事>

次の記事>
第42回/ママ友が私を勝手にライバル視。どう返せば?【40代読者のお悩み】

この連載の最新記事

ベルトを使ったコーデを教えて【50代読者のお悩み】

第55回/ベルトを使ったコーデを教えて【50代読者のお悩み】

自分だけ嫌な仕事ばかり押し付けられる【40代読者のお悩み】

第54回/自分だけ嫌な仕事ばかり押し付けられる【40代読者のお悩み】

洋なし体型の私。何を着ても腰回りが…【40代読者のお悩み】

第53回/洋なし体型の私。何を着ても腰回りが…【40代読者のお悩み】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル