酒太りを防ぐための糖質オフで逆効果!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

根来教授に肝臓にやさしいお酒のたしなみ方を伝授していただき、肝臓年齢を若返らせる企画ですよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。今回もお酒にまつわる勘違いや思い込みを正していきますよ。

 

 

いし 早速ですが、友人の酒好き女子が、酒太りを防ぐために、糖質オフを始めたのですが、これっていかがなものですか?

Dr.negoro_Ill

 

根来 糖質は肝臓のエネルギー源となり、肝細胞の修復に必要なたんぱく質の働きを助けるもの。基本的には、ダイエット中でも必ずとらなくてはならない栄養素です。

 

 

いし ふんふん。

 

 

根来 糖質が不足すると、肝臓にあるグリコーゲンをブドウ糖に分解して補おうとしますが、これが繰り返されると肝臓に大きな負担がかかります。

 

 

いし そうなんですか?

 

 

根来 はい。肝臓に貯蓄されているグリコーゲンも10時間ほどで底をつくため、筋肉のタンパク質を切り崩してブドウ糖を補うことになることもあります。

 

 

いし なんだか心配になってきました。

シェア ツイート LINEで送る
第48回
酒太りを防ぐための糖質オフで逆効果!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top