OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/doctor_blog/100674/

酒太りを防ぐための糖質オフで逆効果!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

根来教授に肝臓にやさしいお酒のたしなみ方を伝授していただき、肝臓年齢を若返らせる企画ですよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。今回もお酒にまつわる勘違いや思い込みを正していきますよ。

 

 

いし 早速ですが、友人の酒好き女子が、酒太りを防ぐために、糖質オフを始めたのですが、これっていかがなものですか?

Dr.negoro_Ill

 

根来 糖質は肝臓のエネルギー源となり、肝細胞の修復に必要なたんぱく質の働きを助けるもの。基本的には、ダイエット中でも必ずとらなくてはならない栄養素です。

 

 

いし ふんふん。

 

 

根来 糖質が不足すると、肝臓にあるグリコーゲンをブドウ糖に分解して補おうとしますが、これが繰り返されると肝臓に大きな負担がかかります。

 

 

いし そうなんですか?

 

 

根来 はい。肝臓に貯蓄されているグリコーゲンも10時間ほどで底をつくため、筋肉のタンパク質を切り崩してブドウ糖を補うことになることもあります。

 

 

いし なんだか心配になってきました。

根来 このような糖質不足の状態では、エネルギー源としての脂質の利用が高まり、肝臓は限界を超えて脂肪酸を処理することになります。
これに伴い脂肪酸からケトン体が多く合成されてしまい、血液が酸性に傾き、口臭や体臭が甘酸っぱい匂いになることも。ひどいときは脱水症状や呼吸困難になり、まれに昏睡状態を引き起こすことも。

 

 

いし ぎょぎょぎょ。やせるためにはカロリーが多い糖質をカットすればいい、と思っちゃいますけど、体ってそんなに単純ではないんですね。

 

 

根来 その考え方は「時間がなければ寝なければいい」という発想と同じ。
一見合理的ですが、人体の構造を考えた時には矛盾が出てくるんです。

 

 

いし なるほど〜。

 

 

根来 極端にある栄養素だけ抜くということは、肝臓の負担を増やします。
酒量を減らし、バランスよく食べながら、腹七〜八分を心掛けることです。

 

 

いし 了解です!

 

 

 

 

 

それではみなさん、今日も素敵な1日を!

 

Dr.negoro_photo

 

 

 

取材・文/石丸久美子 撮影/森山竜男 イラスト/浅生ハルミン

 

 

 

(次回は「『お酒で憂さ晴らし』で肝臓が老ける!?」 というお話です。お楽しみに!)

 

 

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第47回/「酒が強い=肝臓が強い」は迷信です/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第49回/「お酒で憂さ晴らし」で肝臓が老ける!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

コロナうつの患者さんは睡眠に問題あり。対策は?/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説④

第135回/コロナうつの患者さんは睡眠に問題あり。対策は?/根来秀行教授が「うつと睡眠」を解説④

ワクチンのメリット、デメリットどう考えたらいい?/根来秀行教授が「新型コロナワクチン」を解説②

第134回/ワクチンのメリット、デメリットどう考えたらいい?/根来秀行教授が「新型コロナワクチン」を解説②

いまだに勘違いが多い「ワクチン有効率」の意味/根来秀行教授が「新型コロナワクチン」を解説①

第133回/いまだに勘違いが多い「ワクチン有効率」の意味/根来秀行教授が「新型コロナワクチン」を解説①

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル