OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

「毛細血管」は増やすが勝ち!/根来教授×室井滋さん対談 1

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

 

根来 日本の健診では血液検査の基準値を見て、それにはずれると薬を出すという流れ作業的なやり方が一般的です。しかしアメリカの最先端医療では、血液だけでなく毛細血管を核に、自律神経、体内リズム、睡眠など、違う観点から日常の行動を分析し、生活習慣自体を直していく「ビヘイビアヘルス」という考え方になってきているんです。

 

 

室井 確かに、健診受けても納得できないことが多いんですよ。
私は更年期の症状もほぼなくいたって元気ですけど、数値的には年々ささやかな変化があって。「なぜ?」「どうして?」ってドクターに聞くんですけど、「加齢です」で終わっちゃう。でも明らかに衰えは進んでいるから、「どうしたらいいですか?」と聞くと、「痩せて下さい」って言われて、「またそこかい!?」って思うんです(笑)。

 

 

根来 ですね(笑)。
日本の医学教育では、病気の手前のグレーゾーンの人や、健康な人が病気にならないためにどうするかについて勉強する機会がないんです。
僕は、政府機関に日本の医療改革を進めるための提言もしていますが、それにはまだ時間がかかるので本を執筆したり、大学を設立したりして、健康な時間を長く保つための啓蒙活動をしているんです。

 

 

室井 毛細血管なんて、先生のご本を拝見するまで、意識したことがなかったです。

 

 

根来 普通そうですよね。毛細血管は動脈と静脈をつなぐ網状の血管で、髪の毛よりも細いんですよ。

 

 

室井 そんなに細い血管が重要なの?

 

 

根来 はい。毛細血管って地味なイメージですが、実は全血管の99%を占め、全身に張り巡らされているんです。

 

 

室井 99%! 動脈や静脈よりずっと大きなウエートを占めているんですね。

 

 

根来 動脈や静脈はただ血液を運ぶのが仕事ですが、毛細血管は生命活動の根幹に関わる役割を担っています。
全身の60兆個を超える細胞には、血液に乗って酸素や栄養素が取り入れられ、二酸化炭素や老廃物が回収されているわけですが、その物々交換の現場こそが毛細血管。まさに命の営みの最前線なのです。

 

 

室井 知らなかった! 人は毛細血管によって生かされているんですね〜。

Dr.negoro_photo

 

(おふたりの対談はまだまだ続きます。お楽しみに!)

 

 

構成・文/石丸久美子 撮影/角守裕二
ヘア&メイク/鈴木将夫(MAVEE)(室井さん)
スタイリスト/中井綾子(crêpe)(室井さん)
撮影協力/徳真会QUARTZ TOWER

<前の記事

<前の記事
第54回/腎臓を老けさせる生活習慣の乱れ/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第56回/「毛細血管」は増やすが勝ち!/根来教授×室井滋さん対談 2…

この連載の最新記事

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第95回/睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第93回/脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル