素敵女医の乾燥対策⑤/パーツ別愛用アイテム「膣」


素敵女医が愛用している乾燥対策アイテム。今回は、なかなか人に相談しにくい「膣」の乾燥対策についてご紹介します。

 

 

女性ホルモンの減少に伴い、腟の乾燥の悩みも。対策としては、ホルモン補充療法、腟錠、専用ジェルやオイルなどの使用のほか、レーザーや超音波での治療を取り入れている人もいました。

 

 

住吉周子さん Shuko Sumiyoshi

53歳 美容皮膚科・漢方内科 Shuko Clinic 

「腟の乾燥は、腟錠とレーザー治療でかなり改善しました」

1 現在、韓国の漢方院から取り寄せて試しているリーズナブルな腟錠。

2 ピルボックス ジャパンの、サマーズイブ マルチベネフィットデイリーバランス。pHバランスを整えるデリケートゾーン用弱酸性ボディウォッシュ。

3 Make It & Co.のフェイス&ボディウォッシュオイル。ビタミンA・B・C・Eと20種類のアミノ酸を豊富に含む、デリケートゾーンにも使える洗浄オイルです。

4 当クリニックで購入可能なミラクル ジン。7つの植物由来成分で作られた腟錠(住吉)

 

 

 

関口由紀さん Yuki Sekiguchi

55歳 女性泌尿器科 女性医療クリニックLUNA ネクストステージ

「腟・外陰ケアとしてレーザー治療『モナリザタッチ』を年1回施術します」

1 処方薬のバストミン。女性ホルモンのエストロゲンクリームで、外陰部に使用します。

2LUNAスキンプレミアム。アンチエイジングに必要な、抗酸化作用のある天然物質が配合されています。ヘパリノイド類似物質スプレーと併用して、女性ホルモンの低下による腟萎縮からの乾燥を予防します(関口)

 

 

 

次回は、体の内側から乾燥対策をしている素敵女医の愛用サプリメントをご紹介します。

 

撮影/横山翔平(t.cube) ヘア&メイク/川瀬輝美(プラントオパール) イラスト/ミック・イタヤ 取材・原文/上田恵子

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top