愛情ホルモンの出し方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

いし こんにちは、ぐうたらライターのいしまるこです。ハーバード大教授・根来ドクターに、ホルモン年齢若返りの秘策を伺ってきたこの連載も、今回で最終回ですよ。根来先生、最後を飾るホルモンは?

 

 

根来 愛情ホルモンのオキシトシンです。脳の疲れを癒し、気分を安定させ、人に対する信頼や愛情が増すホルモンです。

 

 

いし 愛情ホルモンいいですね〜。ところで、オキシトシンって、子宮を収縮させたり母乳を分泌させるホルモンですよね?

 

 

根来 ええ。母親の脳から分泌されて母乳の合成と分泌を促すことで知られていますね。

 

 

いし 女性特有のホルモンなんですか?

 

 

根来 そう思われていたのですが、ごく最近、男性にもオキシトシンが出ていることがわかったんです。

 

 

いし へぇ〜。どんな時に分泌されるんですか?

 

 

根来 性別を問わず、家族団らんやデート、友人とのおしゃべりなど、具体的な愛情表現をするときに分泌されるんですよ。

 

 

いし 最近、恋愛シミュレーションゲームが流行っていますけど、そういうのでも出るんですか?

 

 

根来 ゲームや映画のような二次元の世界で疑似恋愛に励んでもオキシトシンはあまり出ません。人間対人間というリアルな社会的交わりの中でこそ、オキシトシンは発揮されるのです。

 

 

いし ふ〜ん。だったら、家族やパートナー、友人もいないおひとりさまは、オキシトシンが出ないってこと?

 

 

根来 ペットとの触れ合いもいいですよ。オキシトシンはコミュニケーション系のホルモンですから。

Dr.negoro_イラスト

 次ページでは、いしまるこ家に奇跡を起こしたチワワが登場!

カワいいわん♪

 

シェア ツイート LINEで送る
第20回
愛情ホルモンの出し方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top