薬草園の中にある薬膳レストラン~中国・北京~

プロフィール写真

温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト
温泉旅で心も体もきれいになる
“ビューティツーリズム”を提唱。
トラベルジャーナリストとして取材執筆・
温泉の講演などで、年200日全国を旅する。

薬草園の中にある薬膳レストラン~中国・北京~

 

温泉と旅で美しくなるビューティツーリズムを研究しているうちに、もっと体のこと心のことを深く知りたいと思うようになり、昨年から東京薬科大学で中国医学を学んでいます。その現地研修で、長春中医薬大学や、大学附属病院での臨床学習をして、本場の中国医学や漢方の世界をじっくり体感してきました。終盤の北京で行った薬草園の中にある薬膳レストランが、今回ご紹介したい旅ごはんです。敷地へ入ると、無農薬自然栽培されている薬草や野菜が元気よく茂っていました。そこに隣接する美しい建物で薬膳料理をいただけるのです。

暑い夏を乗り切るのに、中国の人々は「花のお茶」をたくさん飲みます。暑くても冷たいものは飲まず、温かいお茶や白湯を飲みます。花のお茶は熱を放出させて、発汗、利尿の作用があります。そういえば、中国では茶葉の店も無農薬自然栽培が多いのが印象的。

豚の耳と牛蒡を組み合わせた前菜(写真)や霊芝をアクセントにした干し豆腐。

美人草と呼ばれる野菜は、楊貴妃も好んで食べたという美肌のためのビタミンが豊富。野菜そのものは豆苗のようなサクサクとした食感で、甘酸っぱくてちょっとぴりりとする味付けが絶妙。

日本では高価すぎてめったにお目にかからない、冬虫夏草のスープ。漢方では、健肺、つまりアレルギーの予防やスタミナ不足になりがちな夏の滋養強壮に用いられる生薬です。コクのあるスープは生姜も利いていて美味しい。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第79回
薬草園の中にある薬膳レストラン~中国・北京~

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top