OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/13535/

山田玲子さん直伝/美容と健康に!ヨーグルトをもっと食べる〝ひと工夫”

こんにちは、ミーナです。

6月2日発売のMyAge 2014 Summer号の乳酸菌の特集から、乳酸菌を取り入れられる最も身近な食品、ヨーグルトのお役立ち情報をお届けしますね。

 

ヨーグルトは、さまざまな美容&健康効果を持つ乳酸菌を豊富に含む食品。
でも、乳酸菌の効果は腸内で長期間持続するわけではないので、毎日摂取することが大切だそう。

毎日、となるとちょっと難しいかも?と思うミーナです。

 

そこで、ヨーグルトが大好きという料理家の山田玲子さんに、毎日ヨーグルトをとる工夫を伝授していただきました。

 

 

ヨーグルトの摂取量、意外と足りてない?

 

いつも元気いっぱいの山田玲子さん。自家製ヨーグルトを毎日、欠かさず30年間食べ続けているそうです。

 

「皆さん、ヨーグルトが体にいいことはよく知っていますし、『私、ヨーグルトを食べています』と言うのですが、ちょっと量が少ない気がしますね」

 

ヨーグルトの健康効果が期待できる量として、各メーカーが推奨している一日の摂取量は200〜250g。パックのナチュラルヨーグルトなら2日で1パックを消費する量です。

山田さんが毎朝食べるのもだいたい250g。カフェオレボウルのようなちょっと大きめの器にたっぷりのヨーグルトを入れて食べるそう。

 

「かなり満腹感があるので、食前に食べると食べすぎ防止にもいいですよ」

普段は甘味もつけずそのまま。時にはトッピングで変化をつけます。

ヨーグルト

ドライフルーツをヨーグルトにひと晩漬けておくのもお気に入り.。自然な甘味がつき、ドライフルーツも独特の柔らかい食感に

 

 

「料理にもいろいろ活用できます」と山田さん。

ペーパータオルを敷いたザルにのせ、ひと晩水切りすると、豆腐のようになるので、かつお節としょうゆをかけたり、白あえの衣にしたり、和の料理にも活用できます。

 

今後、山田先生が提案する、「もっとヨーグルトを食べるため」のレシピをアップしますので、お楽しみに!

 

山田玲子さん

山田玲子さん

1959年生まれ。
料理教室「Salon de R」主宰。
2014年4月にスペインで開催された食のイベントにゲストスピーカーとして招かれ、日本食の魅力をアピール。
近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)

 

 

 

撮影/板野賢治   原文/瀬戸由美子

 

 

 

 

 

 

 

今すぐチェック!

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル