春野菜だってカンタン調理

プロフィール写真

野菜料理家
100%植物性のみのレシピを紹介するブログ『izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」』で人気をあつめ、ブログを本にした初のレシピ本は7万部をこえるヒットに。その後、「デトックス・ベジ」シリーズ(主婦の友社)が累計21万部を突破。不定期で開催する料理教室が女優やモデルの人気を集めるなど、キレイになる野菜レシピが得意。

春野菜だってカンタン調理

 

はじめまして。野菜料理家の庄司いずみです。

 

料理研究家ではなく“野菜料理家”。

そう名乗っているのは、植物性100%、肉や魚を使わない野菜料理を紹介しているから。私自身がベジタリアンで野菜大好き、野菜ばっかりの毎日を送っているからなのですが……。

 

ベジタリアンでなくとも、野菜は誰にとっても必要なもの。体のためにも美のためにも、たっぷり食べてほしい。ならば、たまにはりきって作るご馳走レシピではなく、作るのがおっくうにならないカンタンレシピがいい。

というわけで「とにかくカンタン、だけどおいしい。野菜だけでも十分満足」、そんな野菜レシピを料理本やブログ、料理教室、メディアなどで紹介しています。

 

今回からスタートしたこの連載でも、野菜にまつわるトピックスや野菜料理のおいしいお店などの話題にまじり、ときおり野菜レシピが登場すると思いますが、いずれもカンタン、ぜひトライしてみてくださいね。

かごに盛られた春野菜

さて、初回となる今回は春野菜のお話。

春野菜といえば山菜。ふきのとうやたけのこ、うど、こごみ、ぜんまいなどは出回る時期が短いぶん、食卓にのぼると気分が華やぎます。

とはいえ山菜は下処理がめんどうなイメージ、ハードルが高そうです。

いえいえ! 実はむずかしくはないのです。ウドやこごみならそのままサッと炒めて食べられますし、ふきのとうのほろ苦いアクも味のうち、刻んで味噌汁に散らし、苦みを楽しむのもいいものです。

ぬかで下ごしらえをしたたけのこ

生たけのこはぬかで茹で、アクを抜くのが普通のやり方ですが、とれたて新鮮なものならアク抜きなしでもOK。いいたけのこが手には入ったら、私はいつも皮ごとアルミホイルに包み、オーブンでじっくり丸焼きにします。

 

しっかり火が通ったら食べやすく切り、しょうゆやみそ、あるいは塩麹など、好みの調味料をのせてたけのこステーキとしていただきます。オーブンで200度、たけのこの大きさで火の通りはかわりますが、小ぶりなもので30~40分、立派なものなら50分くらい。時間だけはかかりますが丸ごと焼くだけだから手間いらず。それでとびきりおいしいのだから最高です。

芽ひじきの野菜炒め

今日はもう一品。春限定の野菜炒めを紹介します。薄切りのうどやこごみと合わせ、春キャベツやにんじんを炒め合わせた春野菜満載のひと皿です。今回は洗っただけの芽ひじきを加えていますが、野菜いためにひじきやわかめ、切り干し大根などの乾物を、いずれも戻さずサッと散らすと、野菜の水分を吸ってしゃっきり仕上がりますよ。

 

最後にちょっとお知らせを。ただいま全国のファミリーマートで私が監修したレシピフェアを実施中です。野菜たっぷりのベジ弁当やパスタ、よかったらチェックなさってくださいね。

 

春野菜と芽ひじきの野菜炒め

材料:1人分

a キャベツ 大1枚(80g・ざく切り)

a にんじん 1/3本(40g・薄切り)

a うど 1/2本(70g・皮をむいて薄切り)

a こごみ 3本(食べやすく切る)

a 芽ひじき 大さじ1(洗う)

オリーブオイル 適量

塩、胡椒 各小さじ1/4

 

 油を熱してaを炒める。

 野菜の水分でひじきがふっくらしてきたら

塩、胡椒で味をつけて火を止める。

 

庄司いずみ

公式アメブロ http://ameblo.jp/izumimirun/

Facebook  http://facebook.com/izumimirun

シェア ツイート LINEで送る
第9回
第1回
春野菜だってカンタン調理

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top