“科学的に証明された究極の食事”と話題の「地中海食」。普段の和食ごはんも“究極の食事”にしてくれる食品とは?


こんにちは、草間由紀です。「おでかけ女史組」スタート時から4年間、旅行や食を中心に書いておりました。現在もPRやライターの仕事を通して、特にアラフィフ女性に向けて情報を発信しています。今回は、今話題の健康食“地中海食”に欠かせないオリーブオイル発祥の地と言われる、チュニジアのオリーブ農園を訪ねる機会に恵まれました。

 

 

1980年代に提唱され始めた地中海式ダイエット(地中海食)は、2010年にユネスコ無形文化財に登録され、再び注目が集まっています。「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」(UCLA助教授 / 医師 津川友介著)でも紹介されているように、クスクス、全粒パン、米などの穀類、イモ類、果実、野菜、豆類、ナッツ、オリーブオイル、チーズ・ヨーグルトを毎日、魚、鶏肉などの白身の肉、卵などを週に数回、牛肉、豚肉などの赤身肉は月に数回摂取するのが、「科学的に証明された究極の食事」である地中海食なのです。

 

地中海食で多用されているのがオリーブオイル。乾燥した地中海気候から肌を守り、ビタミンEやポリフェノールの含有量が多く抗酸化に優れたオリーブオイルは、古より美と健康に用いられてきました。紀元前8世紀にはすでにオリーブオイルを生産し、世界で初めてオリーブ樹木の栽培を始めたと言われるチュニジア。世界最古、樹齢4000年とも言われるオリーブの樹木が残っているそうです。かつてフェニキアの交易拠点として栄えた都市国家カルタゴがあり、フェニキア人がオリーブ樹木を栽培し、交易によって地中海沿岸にオリーブ樹木の栽培が広まったそうです。

 

 

今回、私はチュニジアのオリーブオイルメーカーの大手、チョー(CHO)社の農園を訪ねました。農園には、幹の太い立派な樹木が整然と植えられています。樹木間の距離は24m。これによって、オリーブ樹木はしっかりと根を張り、雨量の少ない環境でも必要な水分を吸収できるそうです。半砂漠性気候がもたらす効果で肥料がいらず、また害虫が生息していないため、伝統的な無農薬・無肥料農法が続けられています。

 

オーガニック栽培の樹木から収穫するオリーブの実は全て手摘み。小さな熊手のような道具で熟した実をやさしく枝から樹の下に敷かれた網に落としていきます。落とした実はふるいにかけて混じった葉を取り除いてから、収穫籠に集めます。私も収穫を体験させていただきました。実がなっている小枝に熊手を差し入れ歯の部分で実を小枝から摘んでいく単純なものですが、ひと掻きで摘める量はわずかなもの。腕をずっとあげながらの作業はかなり大変でしたが、傷のない艶々とした実を収穫する喜びを味わうという貴重な体験ができました。

 

 

 

オリーブオイルの活用法と、古くから伝わる地中海食とは?

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top